History of Miss iD

Miss iD 2015

ミスiD 2015 グランプリ

金子理江
カネコリエ

青山:単なるモデル、単なるアイドルにとどまらない活躍を楽しみにしています。アッと言わせてください!
安藤:正直に言うと、金子さんがグランプリを獲られた結果には未だにピンときていません。
大郷:ミスiDという大きなプロジェクトの看板を背負って活躍してほしい。
大森:ミスiD審査員として、こういう子がネクストアイドルっていうのはどうでしょう!!!って打ち出すなら私は絶対金子さんだと思いました。
加藤:実は以前から友達で、たくさんのものを持っている事は知っていたので、これからまだ潜めている武器を取り出して、ダンスや歌でも活躍していって欲しいなと思ってます。
岸田:何でもできそう、でもまだ何者でもない。とてもいびつで、とてもフラット。そんな金子理江だけの輝きが見られるのを、心から楽しみにしています。
木村:すぐに人を巻き込んでしまうと言っていましたが、それはりえちゃんの才能だと思います。これからも周りを巻き込んで突っ走ってください!
草野:この子がいると、何もしなくても必ず事件がおきるような、そんな魔性さを感じました。
小林:いちばん多くの選考委員が「未来」を感じながら、いちばん「未来の見取り図」が描けなかったのが彼女で、ゆえにこそのグランプリだと、今は思います。
佐久間:鮮やかな逆転劇。いいもの見ました。
竹中:グランプリにするには、論争、説明が必要不可欠な子かと思いますが、台風の中心にいる理江ちゃんは穏やかな毎日を過ごせますように。
tomad:まさに未知なる可能性に満ちた天然素材。
中田:逆境をここまで味方につける力にはもう言葉も出ません
:今は何者でも無い、からこそ、何にでもなれる。未知数過ぎる可能性。りえちゃんのグランプリは、審査員全員からの明日への祈りです。
もふく:物怖じのなさ、そこはかとない「テヘペロッ」感がネクストガール感を感じさせるような感じさせないような、手に入りそうで手に入らなそうな女の子!
山戸:宝物にも、破壊兵器にもなる回路を持って生まれた金子さんを一番良い場所に導いてくれる人に、正しく出会って欲しいと願って止みません。
吉田:可愛いし、歌もダンスも演技も才能を感じるので、あとはどれだけ本気になれるかだけ。

水野しず
ミズノシズ

青山:言葉にならない感情が生まれるということは、興味なんです。それこそ、水野さんにしかない圧倒的な個性の片鱗なのかもしれない。もっと心をざわつかせてください!
安藤:最初から最後まで、水野さんの圧倒的なパフォーマンス力には度肝を抜かれました。
大郷:何度も笑いました。
大森:しずちゃんの生理っぽさが大好きです、きっと誰にどれだけ愛されても満たされないんでしょうね、そこがしずちゃんの唯一の、そして最大のアイドル要素かと思われます。だからこそサービス精神が旺盛でどんどん面白くなる。
加藤:何をしでかすか分からない「しずワールド」が全開!
岸田:彼女は自分の特異性と世間とのズレをはっきりと認識していて、計算して娯楽を創っている。
木村:水野しずは水野しずでしかなくて、水野しず最高でした。
草野:このコンテストを通して、多くの選考委員が、実際にファン(つまりしずらー)になったと思います。
小林:蛭子能収のシニカルを底にたたえた狂気のアドリビスト。本能的な傾き者(かぶきもの)。生きるのはたいへんだろうけど、無責任にめちゃくちゃかっこいい。
佐久間:彼女がこれからどこに行くのかはわからないんですが、どこに立っていても格好いい女の子だと思います。
竹中:私もすっかりシズラーなので、しずちゃんの幸せを願っています。水野しずの魅力が、世間にねじれず伝わりますように。
tomad:名誉に溺れず、この繊細なバランスを崩さず、更に自分だけの高みを目指してほしい!
中田:この数ヶ月で、気づいたときには既にしずちゃんの虜でした
:しずちゃんがグランプリになれるミスコンは今のところミスiDしか知りません。水野しず時代到来キタコレ
もふく:今回の出場者の中でというより、過去のミスID全体を通して唯一、随一と言ってもいいくらい「ホンモノ」感溢れる女の子。
山戸:こんなふうに格好よく生きれたら…とあらぬタイミングで天性の分配の残酷さに閃いてしまうほど、光っている。
吉田:完成しすぎ&サブカルすぎ&良くも悪くもミスiDっぽすぎなのでグランプリはないなと言われてたのが、金子さんの追試を経て、なぜか急遽彼女もグランプリに浮上。

ミスiD 2015

すべての女の子はアイドルである賞

特別賞として、今年のキャッチコピーそのまんま、アイドルの可能性を広げる賞

すべての女の子はアイドルである賞

特別賞として、今年のキャッチコピーそのまんま、アイドルの可能性を広げる賞。
深海誉
フカミホマレ

選考委員個人賞

「個人賞」はミスiDより上でも下でもなく、
一人の選考委員からのラブレターのような、非オフィシャルの賞です