ミスiD2020

あらゆる”古い枠組み”に捉われない、セルフメイドに生きる女の子を発掘するプロジェクト「ミスiD」。
「iD」は「アイドル」で「アイデンティティ」で「i(私)とDiversity(多様性)」。

2012年の第一回目以来、史上最年少ViViモデルから女優へ幅を広げつつある玉城ティナ、新世代女優の蒼波純や穂志もえか、”神スイング”稲村亜美、ラップユニットchelmicoのレイチェル、LADYBABYの金子理江、アートスターの水野しずやろるらり、ライオットシンガー・黒宮れい、モテクリエイター”ゆうこす”こと菅本裕子、二ツ目落語家・林家つる子、合法ロリグラビア”まりちゅー”長澤茉里奈、「けものフレンズ」サーバルちゃんの尾崎由香から、アニメのテーマソングを歌うWi-Fi-5や大原ゆい子、少年院出身という異色の経歴でブレイク中の戦慄かなの、選考委員でもある大森靖子がその戦慄をはじめミスiD出身者を中心に結成したネガティブ要素を逆手に取った新世代アイドルzocなど、カテゴリーに収まらないインディペンデントなネオ・ガールの梁山泊となりつつあります。

8年目を迎えるミスiDの今年のキャッチコピーは、原点に帰り「世界はひとつじゃない ルールも 常識も 女の子も」。
今年は「さらに隅々まで届くように」、これ以外にも全4パターンのビジュアルとキャッチコピーが順次公開される予定です。
多彩な彼女たちを迎える多彩な選考委員には、1月末に「ぼくのりりっくのぼうよみ」を辞職したたなかさん、昨年末乃木坂46を卒業した”川後P”こと川後陽菜さんなどの新しい顔ぶれも加わり、今年から設立された「オブザーバー」は、カメラテストや最終面接などに参加できなくてもあらゆる形でミスiDをバックアップしてもらう頼もしい顔ぶれ。
年々人数が増えるためヒヤヒヤしつつも実現している「ファイナリスト以上全員選評」も、今年もやります。

エントリーは4月9日から5月19日。プロアマ、国籍、未婚既婚、彼氏、彼女の有無も問わず。年齢も12歳(くらい)から40歳(くらい)まで。タトゥーがあっても金髪でも引きこもりでもなんでもOK。
居場所がない世界中の女の子、心が女の子であるあなた、よくあるモデルやアイドルのオーディション、ミスコンに応募をためらってるような全ての女の子へ。


モデル:友望(ミスiD2019グランプリ)
撮影:飯田えりか
ヘアメイク:夢月
衣装:MIYA NISHIYAMA
デザイン:grindhouse

人の人生を笑うな。

地球が

美しいとしたら

わたしが

あがいてる

おかげ

どんなに

つまんない

人生だって

私が主人公だし

私が金字塔

世界はひとつじゃない

ルールも

常識も

女の子も

            

ミスiD2020 選考の流れ


本エントリー募集要項

【応募受付期間】

4月9日(火)12:00:00 〜 5月19日(日)23:59:59

【応募資格】

1979年4月2日~2008年4月1日生まれの女性、心の性が女の子である人。
国籍、プロ・アマ(事務所所属などの有無)不問、未婚・既婚不問。
SNS、女優、アイドル、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、起業、グラビア、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、eスポーツ、政治、哲学、写真、映画作り、ファッション、デザイン、新サービス作り、NPO、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル何でも。

【日程】

下記のイベントに参加できることが条件です。場所は全て都内を予定しています。

7月:一次選考(書類審査)通過者を対象に行う二次選考(カメラ・動画テスト)
10月:最終選考(選考委員との面接)
11月:ファイナリスト出演のお披露目イベント

※日程は変更になることがあります

ミスiD2020 プレエントリーの流れ

プレエントリーCHEERZの選考は、ファンコミュニティサービス「CHEERZ」を使って行われます。
プレエントリーの流れは下記の通りです。

1. プレエントリーに応募をする
2. CHEERZで自分をアピールする
3. 投票期間にたくさん応援をもらう
4. 期間中のCHEER数上位5名は書類選考免除

プレエントリーへの応募を行うと、CHEERZへ投稿できるようになります。(アカウントはCHEERZ運営より後日連絡)
アカウント発行後、CHEERZで投稿して自分をアピールし、投票期間中に多く応援(CHEER)を集めた各期間上位5名の応募者がプレエントリーの選出者となります。
選出された方は、ミスiD2020の本エントリーの際、書類選考免除となり、自動的にカメラテストに進むことができます。

CHEERZとは

1,200人以上のアーティストの写真を見て応援ができる、ファンコミュニティサービスです。
お気に入りの写真を見つけたら、CHEER(応援)ボタンを押す事で、気軽に応援する事ができます。
ミスiD2016から、ミスiDの選考対象のひとつとなり、候補者が個性をアピールできる場所として利用されています。