【近藤那央】第12回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本特別賞」を受賞!

2017.07.06

ミスiD2015の近藤那央が、2017年度第12回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本特別賞」特別賞を受賞しました。

同賞は、日本の若手女性科学者を奨励することを目的に、日本ロレアルが日本ユネスコ国内委員会の協力のもと2005年に創設。物質科学または生命科学の博士後期課程に在籍または、同課程に進学予定の女性科学者を対象に、各分野からそれぞれ2人(計4人)を選出し、表彰する。受賞者には、賞状と奨学金100万円が贈られます。
その中でも、日本特別賞は、社会的発信力があり、若い女性のロールモデルとなる人を選ぶ賞となっています。

受賞理由は、新世代の感性を持ったロボットクリエイターとして、その将来性やユニークな活動が高く評価されました。

今回、同賞に選出されたのは、物質科学分野では、秋山みどり=東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 フッ素および有機化学融合材料・生命科学講座特任助教、小川由季子=物質・材料研究機構構造材料研究拠点 日本学術振興会特別研究員SPDの2人。生命科学分野では、別所泰子・名古屋大学生物機能開発利用研究センター 博士研究員、渡邉美香・北海道大学大学院医学院皮膚科学教室 皮膚科医の2人で計4人。