【山戸結希・山崎まどか】オブザーバー就任&「ミスiDフィルム・スタディーズ」発足!

2019.05.16

あらゆる”古い枠組み”に捉われない、セルフメイドに生きる女の子を発掘するプロジェクト「ミスiD」。
エントリー受付中の「ミスiD2020」のオブザーバーとして、映画監督の山戸結希さん、作家の山崎まどかさんが新たに加わります。

同時にミスiDは、女の子のための「ミスiDフィルム・スタディーズ」を立ち上げます。
「ミスiDフィルム・スタディーズ」は、『溺れるナイフ』『21世紀の女の子』監督の山戸さんをOGに、文学、映画から海外カルチャーまで、女子文化全般をテーマに執筆を続ける山崎さんを顧問に、いままでのミスiD、そしてこれからのミスiDといっしょに、映画を愛し、映画を創り、映画を語り、映画を夢想する、部活のような場所です。

お二人のコメント全文はリンクから。