ミスiD2017 ファイナリスト

No.107
南琴里ミナミコトリ
1995年6月2日生まれ (22才)
165cm / 女優,モデル,アイドル /
自己紹介PR
小鳥ではなく、お琴の琴に里と書く南 琴里です。現在は中央大学総合政策学部の3年生です。第二外国語でヒンディー語をとり、読み書きができます。最近はウルドュー語も学びはじめました。学生として大学で学ぶ一方で、うわの空・藤志郎一座という劇団で女優として活動しています。今年のゴールデンウィークには新宿にある紀伊國屋サザンシアターにてヒロインをつとめさせて頂きました。うわの空・藤志郎一座の劇団若手女優で組んだアイドルユニット、Quick Theaterのメンバーでもあります。Quick Theaterは、小劇場発の女優を目指す女の子たちがアイドルをやるというコンセプトで作られたアイドルグループで、今いる場所をQuick(すぐに)、Theater(劇場)に変えてしまうという意味をこめて付けられました。劇団で定期的にお笑いライブも行い、新宿末広亭やお江戸日本橋亭で漫才・コントもしています。もちろんわたしも漫才・コント、全力でやらせていただいています。漫才のネタは相方と2人で作っています。自分たちで作ったネタで笑いをとれたときはとても嬉しいです。劇団からデビューしていくというかたちはアイドルや女優を目指す道としては珍しいと思います。ミスIDは枠にとらわれない、自分がアピールしたいことを自分で発信していけるオーディションで、予々出場したいと思っていました。ミスIDに応募することで、小劇場界を盛り上げたい!劇団からだって有名になれる!ということを世界中に印象付けたいと思い応募しました。

将来の夢:社会に参加していくことのできる女優

最近起きた悲しい出来事:持って帰ったお花が家に着いたらしわしわになってしまったこと

好きな映画:ヒミズ・花とアリス・ALWAYS三丁目の夕日

「これだけは人に負けない!」というもの:大学でヒンディー語を習っています。読み書きできます

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:1人海外旅行。インドに行きたいです。

好きな言葉:君の泪はいつか大粒の雨となり 大地を固めるのだから

あなたにとってのアイドル:うわの空・藤志郎一座の座長さん
審査員のコメント
岸田メル
ほんとはもっと面白そうな子なのに、最終面接では緊張していたのか、ものすごく消極的で気が小さく見えたのが残念でした。でもリベンジ枠、難しいし緊張しますよね。敗者復活できたのも間違いなく南さんの実力なので、自信を持ってくださいね。キュートな見た目も素敵だし、舞台以外でももっと自分を押しだしていけば、色々可能性が広がっていると思います!
小林司
セミファイナルでいったんは選ばれなかったもののの、CHEERZの敗者復活戦で見事最後大逆転でのファイナル進出。けど「敗者っていやなので使わないでほしい」と強く言い切った。
とても女の子らしい女の子で、普通に喋るときの声はか細くこれでよく舞台で演技ができるなと思うのだけど、時々かいま見えるとてつもない強さがとても人として興味深いです。
ものすごい覚悟が決まってる人だと思うから、もはやなんでもできるのでは。
山戸結希
清純なひとだけの知る官能が光るようなシーンがあったら、出演していただきたいです。