ミスiD2020 セミファイナリスト

No.21
イトウイトウ
1993年3月8日生まれ (26才)
162cm / B58 W62 H56 / 歌手,文学,YouTuber /
自己紹介PR
今年の“イトウ枠”はわたくしがいただきます。
はじめまして。イトウと申します。本名です。
2020という年はキリもよく、オリンピック開催などもあり恐らく多くの人にとってとても意味のある、めでたい年なのだと思います。そんな中私は無期雇用で雇われた派遣先を何故か3ヶ月で契約解除され、その後転職し正社員で入社した会社は、入社1週間も経っていないのに「イトウちゃんってうんこ漏らしたことある?」と急に仕事中に聞いてくる上司がいるような会社でした。
私は中学〜大学まで女子校出身で、世の中の上手な渡り方がよくわかりません。
新卒で入った証券会社では扱っている商品の内容が全く理解できず、何もわからないまま何もわからない年寄りに株などを売りつけていました。外回りに行く時にはみんなの前で上司にはじめてのおつかいのテーマソングを歌われました。そんな私は社内でポンコツ呼ばわりされていました。
新卒で入った会社を8ヶ月で辞め、次は派遣社員として3年3ヶ月働きました。
1日8時間労働のうち、ギュッと凝縮したら20分程で終わるような仕事量だったので、3年3ヶ月もの間、1日の大半ネットサーフィンをしていました。
不倫された妻のブログを読み漁り、不倫の賠償請求についての知見を広めました。不倫はしないほうがいいと思いました。
派遣の満期である3年を迎え、無期雇用への転身のお声をいただき無期雇用になった2ヶ月後、契約解除を突きつけられました。
いい機会だと思い、次は正社員で転職をしました。今はよくわからないネジをどこかの会社に納品したりしています。
私はずっと生きづらさを感じながら生きてきました。
幼稚園〜大学までも顔社会や要領の悪さでたくさん辛い思いをしてきましたが、社会人になった今は、人の気持ちがわからずよく人を怒らせてしまったり、仕事の覚えが悪くミスをして同じことを何度も聞いたり、忘れ物や落し物が多く他人に迷惑をかけることが多くなってきており、ますます生きづらいです。
特に波乱万丈な人生ではないのですが、些細な生きづらさが蓄積されています。
私のように日々生きづらさを感じながら生きている人はたくさんいると思います。
そんな人たちを全肯定したいです。
生きるのが下手な人たちが生きやすい世界を作りたいです。
よろしくお願いいたします。



将来の夢:専業主婦

チャームポイント:世渡りが下手すぎる

特技:クラリネット

最近起きたウレシイ出来事:馬肉が美味しかった

最近起きた悲しい出来事:その馬肉で胃腸炎になった

好きな映画:Munchausen

好きなアーティスト、音楽:アーバンギャルド、筋肉少女帯、SPANK HAPPY など

好きな本:宮沢賢治

「これだけは人に負けない!」というもの:他人をイライラさせる力

あなたにとってのアイドル:ろるらりさん 大好きです