ミスiD2017 ファイナリスト

No.68
都築かなツヅキカナ
1995年1月28日生まれ (22才)
160cm / B78 W59 H78 / 歌手,アイドル,アニメ /
自己紹介PR
普段は歌を歌っています。
将来はアニソンアーティストになりたい。
でもなんでミスiDを受けたかというと、まだ私は完全に『アイドル』だからです。
去年、1次選考も通らなくてすごい悔しくてこんな変なオーディションもう絶対受けないと思ったけど本能的に受けてしまいました、くやしい
得意ジャンルは何もかもがそれなりにできてしまうらしい(わたし的にはすべてが中途半端でいやだなあと思っています)ので、いま作りたいなって思ってるところです。
でも強いて言うならライブかもしれません。普段のわたしとライブのわたしは全然違います。ステージに立つとスイッチが入るみたいに。
アピールポイントは食べることが好きなのでおいしくごはんを食べます。
去年のわたしなんかが想像もできなかったくらいこの1年でいろんな嫌なこととかくやしいことがありました。事務所を抜けてフリーにもなりました。
だからこそいま受けたいと思いました。
今年のキャッチコピー『わたしはこの星で生き残る』はわたしのことだと思ったからです。
どんなに理不尽なことがあっても、絶対に売れるって決めてるから絶対にくじけない、この星でこの世界で生きていきたいです

将来の夢:アニソンアーティスト

最近起きた悲しい出来事:言いたくない

好きな映画:『リリイシュシュのすべて』、『スウィーニー・トッド』

好きな本:『海辺のカフカ』『僕のメジャースプーン』

「これだけは人に負けない!」というもの:感情の中の「くやしい」をたくさん感じること

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:三途の河まで行くも生還する

あなたにとってのアイドル:高槻やよいちゃん
審査員のコメント
岸田メル
とにかく真面目でストイックなんだなというのが印象的でした。もしかしたら、自分で作ったルールに自分で縛られるタイプなのかもしれませんね。個人的には見た目も、面接に毎度酒飲んでくる姿勢もめっちゃ好きです。真面目なのに酒飲んでんのかよって感じですが、真面目だから飲んじゃうんですよね!(違ったらすみません)なんというか、そういう必死なところがすごく応援したくなる、都築さんの才能なのかと感じました。色んなこと工夫してもっと内面もがんがん出していきましょう!都築さんきっともっと面白い気がします!
小林司
「四年アイドルやってるんですけど、いまだに自分の特技が見つかりません」と言い切る。「いまだから笑って言えるんですけど」と前置きして話してくれた「私は嫌われる才能だけあって」という風俗疑惑含む数々のエピソード。いっそその酒飲みキャラとあわせて、歌だけでなく喋れるお姉さんを目指してもいいのでは、と思ってしまいました。
もちろん「どうしてもアニソンアーティストになりたい」というまじめな気持ちは伝わっているしやるべきなので、ミスiD的にはそっちのぶっちゃけてなんでも話せるトークスキルを磨くこともお手伝いしたいです。この星で生き残るために。
東佳苗
謎の疑惑を沢山かけられやけくそになって、お酒を飲みつつ審査を受けていた様子がなんだか可愛かったです。
ちゃんと見ている人は見てるし、かなちゃんは自分の信じたことを信じた人に向けてやっていけば問題ないと思います。
山戸結希
シャッターを切る度にひとつずつ思い出をひとに取り分けてしまう女の子の役があったら、出演していただきたいです。