ミスiD2017 ファイナリスト

No.88
DJ OMOCHI(ライムベリー)ディージェーオモチ
1997年11月19日生まれ (20才)
148cm / モデル,アイドル,アニメ /
自己紹介PR
歌って踊ること、食べること、写真を撮られること、オシャレをすること、絵を描く事、何かしらの表現をすること、が好きなことです。好きなことは得意なジャンルでもあります。もともとは声優を目指し勉強していましたが、表舞台には立てないような質素な人間だと自分で思い込んででも心の何処かで表現者になりたいって思っていて、そんなある日突然アイドルをすることになって、心の奥底にあったふつふつ沸くような気持ちが爆発し、もっと外の世界にでて自分の存在を知らしめたいと思うようになりました。
アピールポイかは不安ですが、この気持ちは誰にも負けません。

将来の夢:エンターテイナー

チャームポイント:多分、雰囲気(穏やか)

特技:七色の声色が出せる(演技も含め)

最近起きた悲しい出来事:所属グループの活休

好きな映画:日々ロック

好きなアーティスト、音楽:大森靖子さん、ネイチャーデンジャーギャングさん

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:やれる事は全部経験したいですが、1番は吉本新喜劇にでたいです。

元気アイテム:いい匂いのする物とすみっこぐらしのぬいぐるみ

好きな言葉:放縦不羈

あなたにとってのアイドル:藤咲彩音さん(でんぱ組Inc)
審査員のコメント
青山裕企
結局、自分自身で何をしていきたいのか、出せているようで出せていないような印象を受けました。
大森靖子
改めて名前が最高に可愛いです。もち…。これからの全てがうまくいくことを祈っています。
岸田メル
色々環境が変わる中、どのグループにいても福円さんは福円さんの魅力がはっきりとにじみ出ていて、かっこよいです。個人的にはファンションセンスがすごく刺さりました!センスはシャープなのに雰囲気はフニャフニャで、それも良いですね。
小林司
「なんどメールしても返事ももらえずついには押しかけたのですが無視され...」といきなりかつて門戸を叩いたディステのエピソードから始まり、カメラテストからは「とにかくアイドルになりたかった」というある種の強烈な上昇志向を感じました。なのですが、オーディション途中でライムベリーに加入が決まり、その不穏さはだいぶ消えましたね。逆に本質的な上品な我が道をゆく感じが出たかなと。
ただ、やはりライムベリーでの活動に注力するため、ミスiDに対しての動きがどうしても目立たなかったのは事実。なので、なかなか評価が難しかったです。タイミング的には難しい時期でした。
ほんとはもっと、たんなる「福円もち」自体をもっと見たかったので。
愛らしいルックス、髪色の斬新さ、それらをふくめたある種のアングラ感とかアートでクレイジーなポップ感こそが彼女の真髄だと思うので、それをもっと見てみたい。
根本宗子
陰ながらすごい応援してます。
服のセンスも素敵です。
山戸結希
服を作ってはひとにあげて、でもどれもじぶんには似合うと思えない女の子の役があったら、出演していただきたいです。
吉田豪
少女閣下のインターナショナル時代とか、本来ならもっと可愛いはずの人なんですけど、事務所に言われて髪型や髪の色を変えたことで光が弱まっちゃった気がしました。入賞できるレベルの人だったのに、もったいないなー。