ミスiD2017 安藤美冬賞

No.20
栄藤仁美エトウヒトミ
163cm / B82 W60 H86 / モデル,文学,タレント /
自己紹介PR
京都先斗町生まれ。お茶屋栄藤の一人娘として生まれ育つ。4代目川島甚兵衛を祖父に持ち、着物や紡績について興味を持つ。16歳でレコード会社に就職。17歳で起業。京都で先斗町(花街)と木屋町(普通の繁華街)の間を繋ぐバーを2007年にオープン。昼は音楽、夜は飲食業に従事。京都の華やかな夜と音楽業界でプロデュース業の修行に励む。京都の花街を活性化する方法のヒントを探しに2013年東京へ。イベンター、PR、商品プロデュース、人材教育業などを経験。現在の職業は新米主婦、数社の取締役や顧問として従事しながら花街のお客様、新妓志願者を増やすための活動を開始。これが私のこれまでの人生のまとめ、簡単なプロフィールです。私は京都の花街に生まれ育ち、17歳で起業しました。
16歳の時舞妓さんになるつもりだったけれど、自分のこのキャラクターにより、花街から猛反発を受けました。ひどいいじめにあい、自分で立ち上がることすら困難なほどの拒食症になったり私自身の背負ってきた生い立ちはいいことや他人には経験できないこともたくさんあり、光が濃い分、影もまた人一倍暗く辛いことも多かったです。京都の花街を活性化する方法のヒントを探しに2013年東京へきて、いろんなお仕事をさせていただきました。が、結婚してから人生観が変わり、これまでのこと、これからのことを考えたとき、自分自身が前面にたち、いろいろなところで真実や想いを伝えていきたいと思うようになりました。京都の花街は今、衰退が危ぶまれています。自分が前に出て、自分自身に憧れてくれるような人を後世に残したいと思い、今回思い切って応募しました。紆余曲折あり、後を継ぐかどうかとても迷いましたが、これから私が後を継いでやっていくとき、新しい世代が舞妓さんになってくれなければ我々は続きません。この仕事を通じ、今まで出てこなかったような私たちの世界についても話をしていきたいと思っています。

将来の夢:京都の花街を元気にできる広告塔、スポークスマン、タレント

最近起きた悲しい出来事:人種差別用語を平気で言う人が身近にいたこと。

好きなアーティスト、音楽:ZARD 

好きな本:林真理子さんの本。全部。
所属
株式会社ミシェルエンターテイメント
審査員のコメント
青山裕企
もっと、自分自身の話を聞きたかったと思います。
自然体な姿も、きっと魅力的だと思いますので。
安藤美冬
ひょんなことから今回選考中に出会いまして、ずっとエールを送っていました。
仕事が自己表現であるとずっと思っていましたし、実践してきたつもりですが、
仁美さんのような存在とこの選考で出会えたことは私にとってもとても大きかったです。
生まれた場所、生まれついた家というのはしがらみでもありますが、誇りでもあるものです。
特に仁美さんはなかなか得難い生い立ちを得ているからこそ、苦労もあったでしょうが、
同時に仁美さんにしか語れない、実現できない世界があると思います。
生まれ持った品の良さを生かしながら、思い切り暴れてください。
ご活躍を心から楽しみにしています。
岸田メル
本当に色々な事をやられていて、他のファイナリストを繋げたり、Twitter上でもどんどんアクションを起こしていて、大人ならではのフットワークと実行力はさすがでした。それだけに、最終面接ではブログの内容そのままだったり、どちらかというと現状報告のような形になっていたのが残念でした。お話も枝葉の説明が多すぎたので、もっともっとやりたいこと、伝えたいことをそぎ落としてシンプルに強く人に伝える方法を模索してください。成功者の名前を並べるよりも、栄藤さんのシンプルな気持ちをもっと聞きたかったし、具体的にどう人を喜ばせたり、楽しませたりしたいのか知りたかったです。それができる方だと思うので。
小林司
花街を救う、伝統の舞妓文化をきちんとプロデュースする。その一点にしぼってもよかったかもしれないと思いました。彼女のような多才な人はやもするとわかりにくくなってしまうので。個性が際限なく枝分かれしていく時代においては「わかりやすさ」は美徳。その賢さはあるはず。
林家つる子の受賞でミスiDを知りエントリー。彼女も古典といまを結びつけようとがんばってて、そういう連鎖はとても嬉しい。
なのでクラウドファンディングでもオーディションでも、使えるものはすべて使って、彼女の考える舞妓文化、京都ブランドの復権をぜひ見てみたいです。
それにしても、本人は「飛び道具」と言ってるけど、実は控えめながらかなりの美貌。ほんとうにハッとするほど和装が似合う。彼女が舞妓シスターズを引き連れて、海外にまでいくような未来が楽しみです。ぜったい世界中が注目するはず。
東佳苗
既に色んな所でご活躍されていると思うので、寧ろ私が相談をしたいくらいの存在です。
今後もミスiDの女の子達を巻き込んで色んなムーブメントを仕掛けて行って欲しいです。
山戸結希
視線でひとを殺す舞妓さんの役があったら、出演していただきたいです。