ミスiD2017 ファイナリスト

No.22
おおくぼけい(アーバンギャルド)オオクボケイ
10月12日生まれ
165cm / モデル,グラビア,アイドル /
自己紹介PR
中学生の頃はずっと、「かわいい女の子」になりたいとお祈りをしていました。
しかし、「かわいい女の子」になることは非常に難しく、色んな壁を越える必要がありました。
年齢を重ねてひとつずつ色んな壁を越えて今やっとかわいい女の子の入り口にたてた気がします。そんな時にミスIDの募集をみました。そこで僕は中学生の時に憧れていた「かわいい女の子」として応募することに決めました。僕はおちんちんもついているし、女の子が好きだけど、「かわいい女の子」という存在は僕にとってそれをも越えた「希望」であり、性別を超えて挑める「夢」なんです。僕はこの世でひとつの僕の「女の子」を自分自身で表現したい、新たな「かわいい女の子」の価値をこの手で創り発信していきたい。そう思うのです。どうか僕に翼をください。おちんちんは切り落とせないけど、僕の背中にはまだ羽ばたく翼が生える余白があります。どうかお力を貸してください。ほんの少しかもしれないけど、僕と同じような気持ちの男の子が必ずいる。そんな子達の希望になりたい。「かわいい女の子」の可能性を広げたい。僕が必ず世界を面白くします。

将来の夢:おおくぼけいというジャンルを確立させたい

チャームポイント:お尻

特技:ピアノ演奏、作・編曲

最近起きたウレシイ出来事:すばらしい恋人ができたこと

最近起きた悲しい出来事:彼女と別れなくてはならなかったこと

好きな映画:男はつらいよ

好きな本:仮面の告白(三島由紀夫)

好きな言葉:逆もまた真なり

あなたにとってのアイドル:中森明菜、デヴィット・ボウイ
所属
(株)TK.BROS
審査員のコメント
岸田メル
おおくぼさんのスタイルは完成されていて、バンドとしても成功していて、何かを見出し辛かったのが正直なところです。
オーディションが何か新しいものをを誰かの中から見つけるというものだとすると、女装としての在り方や、おおくぼさんの存在に説得力がありすぎたのかなと…。完成されたものから、どう新しい一歩を踏み出すのか、展望が聞きたかったです。それでも、おおくぼさんの生き様はすごく素敵だし、自分も女の子趣味に本当に強い憧れがあって、似合わないから絵に昇華しているようなものなんで、果敢に向き合うおおくぼさんにはある種憧れもあります。ずっとおおくぼさんのスタイル、貫いてください!
小林司
「女の子は好きだけど、可愛い女の子は希望」。小さい頃からの「女の子になりたい」という願いは神様に届かず、けどそれからかなりの月日が経った今もまだそう願う。その強さは心からリスペクトされるべきものだと思う。だから「応募自体がふざけてる」という非難の仕方はまったく見当違いです。
だからこそ、とても欲を言ってしまうのだけど、願わくはもう少し「世界を必ず面白くします」の具体的な形が見たかった、と思いました。彼のまじめさ、深い思いが、逆に面白さをまだ加速できていないような気がどうしてもしてしまった。すでにバンドの中でもその方向性で活動をしていることもあり、もっと別次元の面白いネクスト可愛いの世界の片鱗を見たかった。オオクボケイならそれができると思うので。
しかし、最後の最後で見せくれたあるファイナリストとの共同作業は...また素晴らしくも狂おしい物語を見せてくれそうな予感が…。
根本宗子
トークイベントとかにもっとガンガン出たらいいと思います。私ももっとお話聞きたいです。
東佳苗
最初は、何故アーバンギャルドのおおくぼけいさんが…!?と困惑していましたが、最終的なある方のネタバレにより納得…となりました。
個人的な願望だと、偶像のままのけい様でも良かったな…と思いました。(笑)
ファンタジスタさくらだ
いろいろ、、、、おめでとうございます!
繊細な部分が見え隠れする表情がとてもステキでしたが、最終ではパフォーマンスがなかったところが少し残念でした、突き抜けるおおくぼけいに期待。
山戸結希
肉体と心の境目がなくなるシーンがあったら、出演していただきたいです。
吉田豪
普通に交流もある人なんですけど、「こういうオーディションに男が出るって面白い」的な発想にはどうしてもなれませんでした。同じ土俵で戦えるだけのハイレベルな外見なり思想なりがないと難しいだろうなー。