ミスiD2016 実行委員長特別賞

No.98
南菜生(PassCode)ミナミナオ
1996年11月27日生まれ (20才)
モデル,アイドル /
自己紹介PR
普段はPassCodeというアイドルグループに所属し煽りを担当しています。
LIVE中はオーラを出す為に常に念じながらLIVEをしています。
自分のアピールポイントを考えた時思いつくのは振り幅の広さです。
「自分自身が飽きない」でいたいと心掛けています。
洋服がすきなのですが思うようなデザインや色合いがなかなかなかったりすので将来的には自分で洋服をデザインできるよう日頃から勉強しています。 

Q:将来の夢は何ですか? A:強い人間になる 

Q:最近起きた悲しい出来事は? A:お母さんと喧嘩した時に「あんたは拾ってきた子やからな!」と言われた事。 

Q:あなたの好きな映画は? A:毎年夏になると「時をかける少女」を観るようにしてますが死にたくなります。観るたびに人生に絶望するところを含めて好き 

Q:あなたの好きなアーティスト、音楽は? A:久石譲さんが創り出すジブリの音楽が心が潤います 

Q:あなたにとってのアイドルは誰? A:どんなに落ち込んでる時も元気をくれるあの女の子
映画・テレビ
・スカパー!プレミアムサービスch.663「アイドル専門チャンネルPigoo」 『@JAM the Field vol.8』
・アイドル応援バラエティ 『千原せいじのバズ☆ドル』
・TOKYO IDOL TV
出版・ビデオ
・「MARQUEE Vol.114」
・【MV】 『NINJA BOMBER』
・【MV】 『AXIS』
・【MV】 『from here』
・【Official Trailer 】『TRIAL OF PASSCODE 』
・【MV】『Never Sleep Again』
・【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】PassCode『Toxic』
・【MV】『オレンジ』
・【MV】『Now I Know』
・【MV】 『Nextage』
・【MV】『激動プログレッシブ』
・【MV】『Kissの花束』
・【MV】『Seize the day!!』
・【MV】『over there』
・【MV】『XYZ』
・【MV】『アスタリスク』
その他
・6/5(日)「SCREAM OUT FEST 2016@新木場STUDIO COAST」オフィシャルTシャツ着用モデル
・Album VIRTUAL
・Single Never Sleep Again
・Single Now I Know [type,A]
・Single Now I Know [type,B]
・DVD ALL is VANITY -通常版-
・DVD ALL is VANITY -特別版-
・Album ALL is VANITY
・Single Nextage
所属
we-B studios
審査員のコメント
青山裕企
事情もあったかとは思うのですが、グループの話しかしなかったのが、気になりました。
ネット上ではとても声援が多かったので、個人としての魅力をもっと感じたかったです。
大郷剛
選考委員で囲まれた場所で、一人でLIVEの煽りパフォーマンスはやりにくいは ずですが、まったく感じさせなかった。気迫がすごいというか、何を背負っているのか・・と思わせるほど、彼女の一生懸命な姿はとても胸を打たれた。あと、目がとてもいいですね。
大森靖子
笑顔が斬新!!!
ニカーって笑ってから、笑わなくなるまでのタイム感が常に一定で、かなりツボです。かわいい。真顔と笑顔を繰り返すだけの動画とか永久にみてたいなー。
岸田メル
とにかく「まっすぐ」といった印象でした。自分や他人に嘘をついてそれなりにやり過ごしたり出来ない、生真面目なタイプなんだと思います。それだけにたたずまいや表情にピン張り詰めた感じがあり、表面張力ギリギリの緊張感が独特の美しさを生んでいる気がします。最終審査でもライブと同じようなハードなパフォーマンスを見せてくれましたが、その間もずっと憂いのある表情で、大変な状況だったからなのか、もともとそうなのかわかりませんが、それもとても良かったです。
小林司
個人的にはグランプリでもいい、と本気で思うくらいの女の子。
実行委員長として今回のミスiDを見返したとき、間違いなく今回のミスiDを面白くした女の子のひとりで、彼女の所属するPassCodeのオタ「ハッカー」の狂った応援がなければ、CHEERZのスタートはあんなに盛り上がらなかったはず。圧倒的1位でファイナルに一抜けしたとき「もうおまえらの応援はいらない。うちがひとりで行くから(意訳)」とハッカーを静かにさせ、ファイナルではCHEERZをすっぱりやめてしまったその思い切りにもしびれました。そのままいけば総合一位抜けでのミスiD受賞もあったのにね。
そういった部分をふくめての実行委員長賞です。
けど、実はさらに今回のミスiDを通して感じたのはその繊細さや女の子らしさのほうでした。病みツイート的なことだけじゃなく、本人のある意味女の子らしい 繊細な魅力がもっと全面に出れば、一般層にも受ける逸材だと本気で思うのです。
今回はカメラテスト、最終面接とも、「アイドル(PassCode)としての自分」を出すことでほぼ終始していたのは当時置かれていた状況を鑑みても仕方のないことなのですが、同時に他の選考委員を巻き込むことができなかった要因だったかな。
むしろ、アイドルとしてではない、いろんな意味でスッピンの南菜生を出してほしい。ください。「VoCE」創刊スタッフとして断言しますが、すっぴんの南菜生はめちゃくちゃ可愛い。胸は知りませんがくびれもあるしグラビアだっていけそう。細さや立ち姿の美しさ的にはモデルも、そしてすっぴんのよさを信じられれば女優だってありだと。僕には可能性しか見えません。
佐久間宣行
今までもたくさん戦ってきて、なにがあってもこの世界でやってこうという意思を感じました。審査を通してずっと格好良かったです。目を引くルックスもいいと思います。
東佳苗
顔が、ダントツタイプです。憎いほどかわいい。南菜生にまんまとハマっています。
PassCordのLIVEでは煽リストを担当している菜生ちゃんですが、
話すと割と抜けていて可愛い感じに支離滅裂で意識が飛んでるところがあるのでそこがツボです。(笑)
今、アイドルには色んな困難があつて辞めていく子もたくさんいると思うけど菜生ちゃんは何とかなるんじゃないかなと勝手に思っています。
私は髪切る前の方が好きなのでエクステつけてくれてとても!嬉しかったです!!可愛い!!
その顔面偏差値の高さをフル活用してモデル活動なんかももっと見たいです!(個人的な希望)
やついいちろう
目力があって立ち姿がカッコ良いなと思いました。最終面接で見せてもらったダンスと歌の説得力が凄かったです。
山崎まどか
面接の当日は満身創痍の健気なアイドルって感じだったけれど、本当はもっとヴィヴィッドなパワーがある女の子のはずだと思った。
吉田豪
最終審査では顔が疲れててオーラがなくなってたとか女子審査員が言ってたんですけど、「それには理由があるんですよ!」と思わず言っちゃったぐらいグループがゴタゴタしていたわけで、それでも闘っている感じが良かったです。Twitterのセンスも今回の入賞者の中ではいちばんいいかも。