ミスiD2013受賞者

No.25
西田藍ニシダアイ
1991年10月20日生まれ (25才)
166cm / モデル,グラビア,文学 / 関東
自己紹介PR
グラビア、タレント、モデル、書評、エッセイ、ライター業など行っています。
映画・テレビ
・ニッポン戦後サブカルチャー史
出版・ビデオ
・文學界
・ユリイカ
・すばる
・文藝
・SFマガジン
・ダ・ヴィンチ
・キネマ旬報 など
所属
株式会社スターレイプロダクション
審査員のコメント
宇野常寛
二次選考ではとにかく彼女を残すべきだと主張した。最終選考でも自分の好きなものをしっかり自分の言葉で話すことができて、そしてそれが自分のやりたいことのビジョンに結びついていて好印象だった。ただ、どうせ東京に出てくるなら昔のサブカルの狭いコミュニティを制覇して満足なんかしないで、もっともっと広い世界を見て欲しいと思う。
草野絵美
いままで見た制服コスプレの中でいちばんアガった。それもちゃんと制服の歴史を自分なりにすごくよく勉強して、いまの薄っぺらい制服オタとは違う懐の深さを感じました。いろんなことを話したいし、教えてほしい。
小林司
フィリップ・K・ディックマニアで、カポーティから林芙美子、津原泰水、伊藤計劃までを愛読する高度な読書家で、プロジェクト・アマテラスの掲示板やツイッター経由で、憧れの吾妻ひでお先生にツイッター経由で認知されたり、書評家の大森望さんを「僕の本棚と似てる」しかも「僕も持ってない初版とかある。ほんとうに二十歳なのか?」と驚愕させたり、ある意味で応募から最終面接まで、ゼロから積み上げてきたアピール力はいちばんかもしれない。あとはもっともっとジャンルを超えたさらなる読書を。
山崎まどか
年長者やオタク第一世代に絡めとられないでほしい。オープンな世代のアイドルになっていってほしいです。ティーンや二十代女子に対してのSFガイドとかありでしょうね。でも、彼女に安易に"サブカル"って枠は絶対つけないでほしい。