ミスiD2014 少年アヤちゃん賞

No.30
傳谷英里香(ベイビーレイズJAPAN)デンヤエリカ
1995年11月2日生まれ (21才)
157cm /
自己紹介PR
今現在はアイドルをメインにした活動を行っているのですが、モデルや女優、アーティストなどといった新しい道を切り開いていけたらなと思っています。
自分を好きになって自信を持って楽しい毎日が送れるようになりたいです。
日々感謝を忘れず頑張ります!
応援よろしくお願いします。

Q.将来の夢は?A.モデル、女優、アーティスト。 

Q.あなたのチャームポイントは?A.気分屋な二重です。

Q.目標としている女性は誰?A.満島ひかりさん、藤井リナさんです。

Q.最近みた映画は?A.藁の盾、川の底からこんにちは、です。

Q.あなたにとってのアイドルは誰?A.ミッキーです。
審査員のコメント
青柳文子
最終選考で頼んだら私を罵倒してくれたあの美しい姿が忘れられません。悪どい所が見られてよかったです!これからは是非毒っ気を小出しにいってほしいです。
今泉力哉
私はアイドルに詳しくなくて、現役のアイドルだとは知らずに傳谷さんとお会いしました。二次面接で初めてお会いしたとき、そのオーラというか、明るさ、空気に驚かされました。それは、傳谷さんと京佳さんの2人からだけ、感じました。今回は、選ばれなかったのではなく、選ばれる必要のない位置に、地位に、いる、と思っていただいた方がいいのかもしれません。アイドルだけでなく、女優を目指しているとのことですので、今後、自分も映画監督としてもっともっと一人前になって、いつか一緒に映画をつくれたら幸いです。最後に。傳谷さんは真面目なんだなと思いました。もっともっと、人に頼ってもいいのかもしれません。弱さ、が、見えたとき、もっともっと魅力的な人になるんじゃないかな、と思いました。なぜならあなたの弱さは、決して甘えではなく、努力からこぼれたものであることが、見て取れるはずだから。もっと、もっと、気楽に。楽しんでください。ずっと、女優だけしてきました、って人に、私は魅力を感じません(あ、言い過ぎました)。でも、ほんと。絶対、遠回りではないので。あせらず、今を精一杯、楽しんでほしいです。
安藤美冬
選考委員からは、大きな支持を得ていたにも関わらず、既に売れっ子という点がひっかかったのが残念です。もっと大きな賞、ステージをつかんでください。応援しています。
草野絵美
二次審査では顔の小ささと手足の長さに驚いたけど、プロ意識と根性が一番高くて圧倒された。流石である。だから、やはりこの中で一番すでに活躍している。ミスiDではなかった。
小林司
京佳ちゃんの項で書いたことと基本的には同じです。ベイビーレイズのブレイクで、エントリーの時から、すっかり彼女をとりまく景色が変わってしまった。「もはやミスiDに選ぶまでもない」と誰もが思ってしまうほどのステージに進んでしまいました。だからこれも京佳ちゃんと同じく、普通の落選ではないということです。とにかく、でんちゃん(愛称で呼びます)は美しい。昔のモノクロ映画の女優さんのような、控えめなのに華があるクラシックな美人です。そして気が強い。本来はアイドルよりも女優になるべき女の子だと思う。だからいつか絶対、女優のでんちゃんを見たいのですが、でもそんな女の子がアイドルやってるなんてすごい贅沢だから、みんなもっと噛みしめるべきとも思います。
佐武宇綺
でんちゃんは審査員みなさんに凄く人気が高かったよ!受け答えもしっかりしてて!印象もバツグン(*^^*)綺麗かわオーラが半端ない!
少年アヤちゃん
名前からしてなんか強くて、ガンガンポージングをキメていく姿も、まるで女王の貫禄でした。私、この子になりたい。
竹中夏海
「私を選ばなかったミスiDは本当に大ばかだ」と言ってほしい。頑固者で隙を絶対に見せない。でんちゃんは必ず飛躍できる。
玉城ティナ
真面目でやりきらなきゃだめって持ち主なんだなあって。
必死に頑張ってる傳谷さんは
誰からも愛される人だと思います。
でもしんどくならないよーに時には休んでください。むふ。
ヒャクタロウ
すでに抜群です。いろいろ。是非仕事をお願いしたいぐらい。
柚木麻子
パフォーマンスもルックスも受け答えも目をみはるくらい完璧で、実はちょっと素が見えないなあと思っていたのですが、それは彼女のプロ意識のなせるわざで、誰よりも自分に厳しい女の子なんだとわかりました。凛々しく媚びない姿勢に魅了されました。
吉田豪
ビジュアル的には本当に別格。このオーディション参加中に『あまちゃん』効果でベイビーレイズがすごい勢いで売れ始めたから、もう次のステップに進んでいると判断して審査からは除外させていただきました。
レナ
でんちゃんは、完璧。スタイルの良さは、MID35の中で1番です!