ミスiD2015 安藤美冬賞

No.29
鈴木マリスズキマリ
自己紹介PR
Q.将来の夢はなんですか? A.チャンピオンベルトを巻くことです

Q.あなたの特技は? A.ローキック

Q.目標としている女性は誰? A.どんな番組に出ても素を出しているダレノガレ明美ちゃん

Q.最近好きな本は? A.格闘家 小比類巻貴之選手の諦めない、迷わない、逃げないです

Q.あなたの密かな楽しみは? A.部屋の中でファッションショー

Q.あなたにとってのアイドルは誰? A.自分です!
審査員のコメント
青山裕企
あまりにも自然体で、それは堂々としてるように見える(タレントとしての素養がある)し、友達として接するとスゴく魅力的だけれど、アイドルとは何か、人を楽しませることについて、もっと考えてみると良いと思います。美しいキックボクサー、その先に何があるか?ですね。
ローキックを是が非でも選考委員にかまそうとする“自分の世界に引き込む力”には、感心しました。
安藤美冬
マリちゃんは個人的に最も応援していた女の子なので、
欲を言えば、最終面接では難しいことを考え過ぎずに
「チャンピョンベルト」を穫りにいって欲しかったですね。
キックボクサーとしても、アイドルとしても、
女性としても、どんな勝負にもひるむことなく勝って勝って勝ちまくってください。
加藤一華
ボクシングにかける熱い想い。でも話すとやっぱり「女の子!!!」という面もあり、「我が道を行く!!!」という自分をしっかり持った性格が最高でした。
この強いきもち、絶対捨てずにチャンピオンベルトをまいたマリちゃんが見たいです! 小林さんへの容赦ないキックも素敵でした。
岸田メル
どこまで狙ってやってるのかわからないんですが、問答無用で大郷さんに蹴りを入れた姿、あの日で一番ヒヤヒヤしたし一番面白かったです。
格闘技歴の長さからくる肉体の説得力と驚くべきピュアさとのギャップ、あくまで女の子で、強そうに見られるのは好きではないというガーリーさ、
とても素敵です。その上包容力もあってその辺の男よりもよっぽど頼り甲斐がある。世の中を引っ張りあげてほしい存在です。
木村ミサ
キックがすごい。(小林さんガチで痛そうだった。。笑)
でも中身はとっても女の子でかわいいなぁ~って。。
ミスiD初のキックボクシングチャンピオンになってベルト見せにきて欲しいです。応援しています。
草野絵美
格闘ができて美少女なんてすごく需要があるし、ぜひアクション映画とかにでてもらいたいです。本人はモデルといってたけど、演技も挑戦して見て欲しいと思いました。
小林司
最終面接で「ローキック」を女子選考委員ブースで披露しようという瞬間、男子ブースと女子ブースを回遊していた僕がそこ(女子ブース)にいたのは運命で、結果「手を抜いた」とは思えないヘビーなキックを太ももで受け、その後一週間くらい太ももがジンジンしました。女の子には優しく、男には厳しい、いい感じの女の子でした。キックボクシングでチャンピオンになりたい、という強い想いは文句内のでぜひその夢を掴んでほしいけど、もうひとつの意外なほど「おしゃれ好き」という女の子らしい部分とのミスマッチ感もすばらしいので、そこをいかせればいろんなフィールドで活躍できるんじゃないかと。最終面接で待ってる間も誰彼構わず女の子たちに話しかけるそのはっちゃけた性格も姉御感満載でよかったので、「最終目標は和田アキ子」もありだと思う。
佐久間宣行
自分の道をグイグイ進んでる強さにあふれてました。終始堂々としてましたね。
tomad
義理堅いエピソードも含めて、男気溢れる部分が印象深かったです。審査員に向けて実際にキックボクシングを実演した時はハラハラしました(笑)
山戸結希
戦うことと美しさのベクトルが一致して、アクション女優さんとしても逸材でした
吉田豪
他のこじらせた候補者たちとは同じ学校にいても絶対に仲良くならないタイプかと思ったら、面接時に「もしも篠崎こころちゃんが落ちて私が残ったとしたら、代わってあげたい。それぐらい、あの子は頑張ってる」とか言ってて、「いい奴!」と心から思いました。カラッとした体育会系。