ミスiD2015受賞者

No.53
緑川百々子ミドリカワモモコ
11月17日生まれ
アイドル /
自己紹介PR
momochan is (un)happy nerd girl.
モデル・女優・タレント・イラストレーターなど多岐に活動中。
数々のMVや映画で主演を努め、イラストレーターとしてはバンドのアートワークなどを熟す。
映画・テレビ
・DEATH FOREST恐怖の森(主演)
・世界の終りのいずこねこ(レイニー役)
所属
ビクターミュージックアーツ株式会社
審査員のコメント
青山裕企
多くの人を振り向かせて投票させたという事実。それは何事にも変えられない結果で、尊敬に値します。それが奇跡であろうと天然であろうと計算であろうと、結果が全てです。おめでとうございます!
安藤美冬
緑川さんは、私的にはグランプリ候補でした。だって、一般投票でぶっちぎりの一位でしょう。
実際に会った事もない人を、映像や言葉ひとつで動かすというのはすごい才能だと思います。
最終面接で実際に会ってみて、秘められたエネルギーに惹き付けられずにはいられませんでした。
大きな期待を背負ってのスタートというのはなかなか大変なところもありますが、頑張ってください。
大郷剛
すごく魅力的で面接では終始引き込まれました。彼女の年齢で自身の世界観をしっかり打ち出せているのは素晴らし い。
大森靖子
自力で突っ切ってきて、できることはきちんとやりきって、手札を有効にだしきってる状況で貪欲にミスiDにエントリーしていてびっくりしました。心を丸裸にして泣きながらアイドルや才能に対峙するももちゃん、かっこよすぎて鳥肌立ちました。でも何より、幸せになってよももちゃん、と心からおもいました。
加藤一華
実はミスiDを辞退する話を聞いた時は、ちょっと驚きましたが、最後まで残って自分に少し自信がついたんじゃないかなと思います。 とても低姿勢でアニメの中のお嬢様みたいでした。 抱えている過去を解き放って、新しい世界を楽しんでもらいたいなと思わせる雰囲気がありました。ミスiDで誰より知名度をあげたと思うので、「この人が」と思ってもらえるような活躍を期待してます。
岸田メル
結果的にミスiD最大の宣伝塔となった緑川さん。ネットの特性が働いたため、一般投票システムを根本から覆す番狂わせを起こしました。
それが運だけによるものなのかと言えば、決してそんなことはなく、彼女の内面に爆薬が無ければここまでセンセーショナルに扱われることも無かったと思います。
最終面接でも、震えながらしっかりと自分の思いを伝えようとする姿、ギリギリのラインで成り立つ砂上の楼閣を見ているようで、もうそれだけでエキサイティングな美しさがありました。全存在で表現される儚さ。文句なしのミスiDでしょう。
木村ミサ
今回のミスiDで1番世間から注目されたのがももちゃんでした。
最終選考ではもっとももちゃんの魅力を知りたかったです。
横顔がとても美しくてずっと見ちゃいました。。
草野絵美
積み上げてきた自分の世界の創造性は他の候補者と圧倒的な差をつけていたように感じます。号泣の動画は怖いけど、なんだか癖になってしまって何回も見てしまいました。話題性という意味で、その一位を獲得したのかなと思います。とても鋭い感性と、病的に美しい白い肌、その魔力をぶきにカリスマになってほしいです。
小林司
神秘的である、ということを続けるのってすごくたいへん。ネットアイドルで築き上げたその空気は現実のレースで失われないのかな。既にある知名度とこれ以上何になりたいのかわからない――応募書類に彼女を見つけたとき、びっくりしたと同時にそう単純に危惧したのだけど、スペシャルな、奇跡みたいな自己アピールによってそれをいとも簡単に突破してしまった。水野しず、みきちゅ、という自己表現のプロとも言える才能と一緒にせまいスタジオに放り込まれ、ふたりのPRを観ていたときからの動揺と迷い。そこからの感情の爆発が、あのわずか1分たらずの動画にすべて表現されている。覚悟があるに人にだけ訪れる奇跡。あの動画のもつセンチメンタルなエモさの爆発は、もはや最良の青春映画一本くらいのエモさだと思う。存在のセンチメンタルさ、ツイートや面接で見せる覚悟の深さを見ても、ほんとはグランプリでもいい、くらい。
佐久間宣行
ずっと緊張してるし、震えてるし、目に涙が浮かんだりするのですが、聞いたことにはしっかりとした答えが返ってくる。話せば話すほど良くわからなくなる人でした。だからこそまた話したくなる。これは得難い魅力だと思います。
中田クルミ
運の強さも実力です!泣く事は何もないし、十分魅力的な人間だという事を自分でしっかり認めてあげてくださいね
それから視野を広げて、様々な事に挑戦して欲しいなと思います
東佳苗
野々村系号泣女子とマスゴミに書かれた自己PRは生で見ましたが
今までのももちゃんの苦悩や葛藤を知っている分、
凄く心に刺さりました
あんな感情的なももちゃんを見たのはあの時が初めてだったから。
SNSでの完璧な自己プロデュース
アンドロイドなのか?と思う位、正気を感じさせないようなとても特殊な存在だと思います
でもあの涙の理由は、ももちゃんは新しい自分に、厭
本当の自分に戻ろうとしているのだろうなと気付きました
ももちゃんの存在が生きる糧になっている女の子は沢山居ると思います
これからも一人でも多くの
女の子を救済出来る
唯一無二の存在で生き続けて下さい
もふくちゃん
前々からネット上を騒がしていた彼女が、ついにこのようなリアルな現場に降立ち、クールに振る舞うのかと思いきや、号泣。かなりの熱いバトルを展開した、そのすべてのドラマが今年のミスIDらしさを象徴していたような存在。
山戸結希
次のまばたきには、夢を見ていたのかなと、目を疑うほどに尋常ならざる美しさを讃えているいっときいっときの積み重ね。緑川さんの呼吸に、物語の中を生きる苦しさと尊さが詰まっている。佇んでいるだけで、発光している。ある美少女の一瞬の全てが、心に焼き付いています。
吉田豪
ファン投票で個人賞をすでに受賞していて、雑誌でボクのインタビューも受けているのに、面接で誰よりもブルブル震えながらものすごく小さな声で受け答えてしていたのが印象的。PR動画もそうですけど、切羽詰まった、それでもここで生きるしかないって覚悟が感じられて良かったです。大手事務所に入りこそしたけれど、もっとギリギリなところで生きてる人なんだな、と。