ミスiD2018 セミファイナリスト

No.20
植松咲衣ウエマツサエ
1999年3月31日生まれ (18才)
158cm / B89 W62 H88 / アイドル,文学,2.5次元舞台俳優 /
自己紹介PR
自分の存在がどこに当てはまるかが分からないです。勉強は得意だったし、生徒会長も務めていて先生からは優等生だって言われたけど、本当はハードロックや髑髏が大好き。女の子らしくって育てられたけれど、女でも男でもない誰も心から好きになったことない曖昧な性別。なんでも一人で出来る器用って言われるけど、本当は極度の寂しがり屋。

自分はどの人種なんだろう。
もし、今死んだとしても、ニュースのあの子のように誰も悲しんでくれないだろう。
心から愛されているのか分からない。
笑顔が好きっていわれても、この笑顔は作り笑顔なのか本当の笑顔なのかも分からない。

自分はどこでも独りぼっちなんだ、と憂いでいた時にこのオーディションを見つけました。

自分が死んだ時に少しは悲しんで泣いてくれる人が出来る人間になりたいって思って応募しました。自分を変えたいです。



将来の夢:2.5次元の世界で活躍すること

チャームポイント:色素が薄いところ

好きな映画:千と千尋の神隠し

好きな本:何でも。多い時は月30冊くらい

落ち着くと思う場所:鎌倉宮

あなたにとってのアイドル:Dorothy Little Happyさん

特技:茶道、箏曲、バトントワリング、ヘドバン

最近起きた悲しい出来事:今日、雨が降ったこと

好きなアーティスト、音楽:ロック。SIDさん、Fear,and Loathing in Las Vegasさん。私の原点です。

「これだけは人に負けない!」というもの:発想力

好きな言葉:勉強は、人間最大の娯楽だ