ミスiD2018 ファイナリスト

No.57
スイ
1997年6月9日生まれ (20才)
162cm / B91 W59 H90 / モデル,文学,美術 /
自己紹介PR
内側から溢れる猜疑心と嫌世感で絵を描く。ふと、劣等感や悪意ある囁きに押しつぶされそうになり、描くことが空虚で無意味なことに思えてくる。眠れない夜と起きれない朝を繰り返し、全てを真っ黒に塗り潰して、なにもかも破り捨ててしまいたくて、インプットの楽しさと気軽さに靡く、もう描かないと忘れたふりをする。すると何かが足りなくて。ふとした瞬間にまた、筆をとってしまう。必死にしがみつく。描くことに、美術に。そうして、美術が好きなんだと気付く。その魅力にとらわれ、みっともなく縋ってしまう。好きだから。絵で食べていくことはできなくても、どんな形であろうと関わって生きていきたい。
もう2つ好きなことがある。写真と言葉だ。
いつもより丁寧なメイクに、お気に入りのワンピースや、永遠のテーマである制服を着て。真実を写すはずの写真に収まる、普段とは明らかに異なる自分の姿。物心ついた時から不思議に思っていた、自分だけが唯一自分を生で見れないということ。写真に写る自分をみるとその不思議をほんの少し、乗り越えられるような気する。
何かについて言葉にすることは描くこととは違って、人の作品やある物事について言葉を当てはめる再構築だ。圧倒的に魅せられて、意識がぐらっと暗転するあの瞬間。日々の中でふと気づく彩度の高い空間。自分だけが感じた白昼夢のような小世界を説明していく。言葉ひとつとっても、漢字がひらがなだったりするだけでニュアンスが大きく変わる。なんども書き直し考え直し、より適切な言葉をパズルみたいに組み合わせる。そんなことに対してなんとなく意義を感じる。言葉を紡ぐことに幸福とある種の使命感を持つ。
“己との戦い”なんてなくて、何かをつくるときに戦わないといけないのは、見えない敵意とか差別とか、世界や社会だと思う。世界VS自分では白旗振ったところで逃れるすべはない。だから自分ぐらいは自分の味方でいたい。
すっぴんにパジャマで、髪を振り乱しながらひたすら画面と向き合って筆をとる孤独な自分と、化粧をして着飾る、誰かの目を見て声を聞いて、言葉や身体で人と関わることに喜びを見出すような自分。どちらの自分も大切にしたい。
みる為の目とつくる為の身体、つたえる為の声を持って生まれてしまったからには、明けない夜の先にあるまだ見たことない世界へ手を伸ばしたい。



将来の夢:美術に関わって生きていくこと

チャームポイント:外見:髪と目 中身:愚直なところ

最近起きたウレシイ出来事:ミスidプレエントリーを実行委員会推薦枠で通過したこと、思っていた以上に周りの友人や家族がそれを応援してくれたこと。

最近起きた悲しい出来事:父に 「好き勝手させるのはあと5年」と宣告されたこと。

好きな映画:ハリー・ポッターと賢者の石 /ミッドナイト・イン・パリ

好きなアーティスト、音楽:黒木渚 ・JUDY AND MARY

好きな本:とるにたらないものもの(江國香織)/うれしい悲鳴をあげてくれ(いしわたり淳治)/本性(黒木渚)

「これだけは人に負けない!」というもの:モネとヨンキントについて考えている時間

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:個展を開く・写真集を作る

落ち着くと思う場所:夜のベランダと旅先

好きな言葉:よく過ごせた日には、安らかな眠りが訪れる。だから、よく過ごせた人生には、安らかな死が訪れる。

選考委員以外の場合、どこで知ったか:イチジョウリヲ。さん