ミスiD2018 ファイナリスト

No.51
さやかサヤカ
1999年12月16日生まれ (18才)
155cm / B83 W68 H80 / 女優,モデル,アイドル /
自己紹介PR
金子理江ちゃんがすきです、でも金子理江に近づきたいからではないです。ありきたりだけどどこまでいけるか知りたかったのと褒められたいって思いました。書道が得意です。8段です。
歌もダンスも苦手です。体育の実力テストはDでした、ウエストとかメジャーがなくて大体で書きました。いますごく太ってるので絶対に痩せます。



最近起きたウレシイ出来事:金子理江にあえたこと

好きな映画:下妻物語、NANA、パラダイスキス

下妻物語、NANA、パラダイスキス

好きなアーティスト、音楽:LADYBABY

好きな本:NANA

「これだけは人に負けない!」というもの:へこたれないとこ

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:たくさんの人にかわいいっていわれまくる

元気アイテム:金子理江

好きな言葉:bite me

あなたにとってのアイドル:金子理江
審査員のコメント
大森靖子
なんでもない話をおもしろ可愛く話すところがもうずば抜けてアイドルポテンシャル高くて、自撮り詐欺も自分ですごーーーーーく明るく話してるの本当に好感しかない!なんかもうどうしようもない打ち上げの誰ーも喋らなくなった深夜とかに来てくれないかなあーーー!
小林司
はっきり言います。今年のミスiDでいちばん「自撮り」と「実物」の差が大きい女の子でした。いやでもそれの何が悪いのだ。大なり小なりみんな一緒だ。
写真の中の、自撮りの中のさやかは、もうとんでもなく可愛い。スーパー美少女です。まあ一種の自撮りの天才でしょう。
最近会社で仕事しててあまりに疲れて夜中に思考が止まると自撮りをしたくなるブームなのですが、これがやってみるとわかるのです。とんでもねえ難しさだと。実物もまあまあひどいけど、自撮りのひどさったら…言葉を失います。何十枚も撮る中で一枚を選ぶんだよと言われ何十枚も撮りましたがフォルダに溜まった写真を見て言葉をなくします。すべての気力を失い、もう最初に撮ったやつでいいや…そう思ってしまうのです。
まあそんなのはリトルリーグの子供がイチロー見てるようなレベルの話なのでどうでもいいのですが、つまり簡単にいうけどこの自撮りクオリティはそれだけでもすごいなと。人間みんな広瀬すずや橋本環奈じゃない。彼女たちなら白目むいて鼻くそほじくって撮っても可愛いでしょう。でも現実は違う。だからつまり、世の中の女の子はどれだけ気の遠くなるような努力を毎回してあの自撮りを届けてくれるのです。感謝しかありません。
はい。ただ、このままだとさやかを「自撮りの天才」の部分しか評価せずに終わってしまうので、誤解のないように書いておくと、実はチャーミングという意味では、さやかは自撮りの一億倍実物の方が魅力的です。これって、誰でもそう思うと思うんですよね。
つまり、自撮りと実物が天地ほど違うのに、クレームが来ない。それがさやか。愛される女の子というのはこういう子を言うんだなあ、と彼女を見ると思います。
東佳苗
他撮りより自撮りかわいいっていうのは殆ど誰でもそうなんだけど、さやかはそれを指摘されても全然気にしてないというか寧ろネタに出来る強さがあってそこはびっくりしました。
素直で良い子なので、ミスiD関係なく、幸せになって欲しい。好きです。