ミスiD2018 ファイナリスト

No.64
戦慄かなのセンリツカナノ
1998年9月8日生まれ (19才)
154cm / B79 W60 H83 / アイドル /
自己紹介PR
私は自分の今に満足していません。今までを挫折の連続のように感じています。私はそれを変えたくて そのきっかけとしてミスidを受けることを決意しました。
私は小さい頃から母と妹との三人暮らしでしたが 母とはあまり顔を合わせることはなく、家に帰ってくると私に暴力を振るいました。学校では小学校、中学校と陰湿ないじめを受けて来ました。そんな生活を送っていたからか 小学4年の時から今もずっと自律神経失調症とパニック障害を患っています。中学二年の時には自殺未遂をして救急車で運ばれました。
高校に入ると学校にいる誰とも仲良くしたくなくて便所飯を始めました。それと同時に非行に走りました。高校も自然と行かなくなり中退しましたが非行がエスカレートし、家庭環境が劣悪だったこともあり施設にいれられました。そこから二年間 社会とは隔離された生活を送っていました。そこではたくさん時間があり、自分の今まで、そしてこれからについて考える時間がありました。その施設では 先生としか話してはいけないなどの決まりがありましたが、いつも一緒にいた寮生たちの姿を見て 非行少年に関われる法律の仕事を志しました。ですが私には夢ややりたいことがいくつもありました。私はダンスをしてる女の子を見るのが大好きで、幼稚園の頃 モーニング娘を見て私もアイドルになりたいと思っていました。荒んだ社会での生活で忘れかけていましたが、どうしても実現したいと思い 施設を出てからすぐにソロで活動したり、コスプレや被写体活動をかじってみたりしていましたが、過激なツイートで何回かtwitterが炎上しました。まとめサイトにまとめられたりYahoo!ニュースに載ったりしました。それが功を奏してかのーぷらん。というグループの運営の方から声がかかり加入しました。ですが 私は大学に入りたくて高卒認定(大検)試験で9科目の単位を施設内で取得していたので 真剣に受験勉強に励むべく 今年の5月にのーぷらん。をやめました。グループはやめましたが 私は受験と両立しなければいけない課題をたくさん持っています。そのどれもを納得のいく形で実現させたいです。アイドルをやりたいという意思だけはあっても 最初になにをすればいいのかわからず大きな水槽の中を彷徨っていたとき、私の気持ちや想いを具体的なものにしてくれたのがミスidの存在でした。



将来の夢:1番最後はたくさんの捨て猫と一緒に暮らすこと

最近起きた悲しい出来事:眉毛を剃っている途中にくしゃみをして左眉が全て消え去った

好きな映画:フォレストガンプ、嫌われ松子の一生

好きなアーティスト、音楽:ブルーノマーズ、EDM全般

好きな本:不登校、選んだわけじゃ、ないんだぜ/さくら(西加奈子)/重力ピエロ

元気アイテム:コカコーラ、わんわん(NHKのやつ)

好きな言葉:整形失敗、イキりオタク

あなたにとってのアイドル:オードリーヘップバーン、perfume