ミスiD2018 ファイナリスト

No.97
松林てろるマツバヤシテロル
152cm / アイドル,マンガ,アニメ /
自己紹介PR
私は高校生のときにアニメや漫画のカルチャーに触れて「なんて楽しいんだろう!」と新しい趣味が増えました。でも同時にヲタクだからキモい、と言われ友達はいなくなりました。
好きなことを好きと言うのはなぜイケナイのかわからなかったけれどそうやって周りに受けた対応もあり、好きなものを好きだと口にすること、表現することが怖くなりました。
同時に「自分には似合わないから」といろんなことを諦めて今まで生きてきました。
たくさんのネガティブな感情と無限のコンプレックスの中で私はとあるアイドルに出会いました。
アニメのキャラのように自分の設定やキャラを定めて活動している姿は誰にも邪魔をさせない強さを感じました。

自分がどうあるかは自分が決めていいんだ

どんなに自分が思い描く理想とは今の自分自身がかけ離れていても、変わることは不可能じゃないと同じような悩みを持って生きてる女の子に私が彼女に教わった様に私が色んなことに挑戦し続けることによって「変わりたい気持ちや挑戦する勇気は無駄じゃないよ」と伝えていけたらいいなあと思ってます。

好きなことに嘘はつきません。
アニメと漫画が好きです。アニメのタイアップソングを将来的には歌いたいです。
そして現段階の活動ではアニメとアイドルの文化の融合が進めば面白いだろうなあ、と考えております。
どんどんファンや楽曲やコンセプトが混ぜ合わさっていって今サブカルと呼ばれる文化以上にディープな「サブ」カルチャーを生み出していきたいです!



将来の夢:山寺宏一さんのようなアニメからバラエティまでマルチに活動できる人

特技:オタ芸、裁縫(衣服が作れます)

好きな映画:チャーリーとチョコレート工場

好きなアーティスト、音楽:でんぱ組.inc、(旧)BiS その他アイドルやアニソンを聴いてることが多いです。

好きな本:デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

「これだけは人に負けない!」というもの:性格の裏表のなさ

元気アイテム:うどん

落ち着くと思う場所:自宅のキッチンの床

あなたにとってのアイドル:夢眠ねむさん、恋汐りんごさん
審査員のコメント
大森靖子
秋にちゃんと秋っぽいオシャレをして、季節を大事にできる人好きだなーって思いました。
地盤がかたそうなので、どこに飛び立つにも優しい人がかなしみの底なし沼のトランポリンになってくれますよ。でっかいことたくさん思いついてやりましょう。
小林司
「いわゆる大阪アイドル事情、日本橋界隈は、大阪春夏秋冬やPassCodeさんの下が離れてて、どちらかというとそこにいることがデメリットになってしまってる」。頭がいい松林てろるは、基本的に冷静に現状把握しています。話し方を含めて、それは誰でもすぐわかるでしょう。
「まずはいろんな普段知り合わない業界の方々と知り合って可能性を広げたい」というのがミスiDに出てきてくれた理由だと言うのですが、でも、いわゆるツイッターなどでも自分から選考委員やほかのファイナリストに絡んでくることがなく、たぶん驚くほど慎み深い人なのだと思う。
もしかしたらそれは自信のなさの裏返しかもしれないし、そこはわからないけど、いろんな意味で根が優しい人なのでしょう。こういうタイプは諦めも早かったりします。
けど、せっかくここまで残ったわけだし、どんどんまずは東京のイベントとかも出てずうずうしく幅を広げていってほしいと思います。この頭の良さ、トーク好きの部分は使わないと損だと思うので。
アニソンや二次元が好きというのはいまやスタンダードでもあるので、このままでどんどん売れていく、というのは言うほど簡単ではないと思います。なので早くその中でも自分を差別化してほしい。ポジションをずらすというか。それができるくらい頭はいいはず。難しければ誰かを頼りましょう。決めつけですが、人に甘えるのが下手な匂いがとてもします。誰でもかれでもすぐ頼る人生よりよっぽどかっこういいんだけど、もう少しずうずうしい人生でもいいと思います。
あと背は小さいけど、単純に顔がすごくきれい。ハッとするくらいでした。顔は武器。