ミスiD2018 ファイナリスト

No.101
ミチコミチコ
1994年5月2日生まれ (23才)
168cm / B83 W60 H85 / モデル,スポーツ,ママタレント /
自己紹介PR
私はママです。息子は今年の4月で1歳になりました。

子どもの頃からエンターテイメントの世界に憧れていました。そして半年ほど前から本格的にモデル活動を始めました。
子どもを産んでからのスタートでした。だからきっともう遅いとか、諦めないといけないんじゃない?とかそう思われる事も多いんじゃないかと思います。
だからこそ。ママになってさらに輝き、ますます夢に向かって頑張る...そういうお手本になれたらと思っています。

小さい頃コンプレックスに感じていた、肌の色、くせ毛。
何より有色人種のハーフであるという事を大人になった今、自分の個性としてやっと自信と誇りを持てるようになりました。
そんな個性を生かして、モデルという枠にとらわれず、自分にしか出来ない事を持つ唯一無二の表現者になりたいです。
そしていつか、自分と同じような境遇の人にも夢や希望を与えられる存在になれたらと思います。

よろしくお願いします!



将来の夢:海外でも活躍出来るような表現者

チャームポイント:ほっぺに出来るえくぼ

特技:ポールダンス

最近起きた悲しい出来事:気に入ってたピアスの片方を落としたこと

好きな映画:ノッティングヒルの恋人 ヒュー・グラント大好き!

好きなアーティスト、音楽:Shakira、hip hop,R&B,Latin

好きな本:中村うさぎさんの愛という病

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:出来るだけ沢山の国に行って色々な景色を見たり、その場の空気を感じたい。

元気アイテム:美味しいものを食べる事、息子のおもしろい動画

好きな言葉:なるようになる

あなたにとってのアイドル:Beyonce
所属
株式会社 ジュネス
審査員のコメント
大森靖子
息子さんをモデルにしようと連れて行ったら母親の自分もスカウトされたとのことで、なんか私もう最近母子に超弱くて。子供もママも可愛いなんて最強じゃないですか。
しかも一緒に仕事をすると、自分の夢のぶんは自分でがんばれるので、自分の夢を子供におしつけすぎなくてすむので、素敵だなと思いました。
小林司
新しいママ像をつくれる人だと思ってます。色が違うといじめらてたなんて思えないほど、笑顔のすてきな、そしてとんでもないスタイルの美人。
褐色って、もはやディズニー映画のヒロインじゃ王道で、ほぼ世界のスタンダードです。日本というやや世界から切り離された島国における、「michikoがかっこいいから褐色の肌に憧れる!」という存在になってほしい、と思います。
ツイッターで「ハリウッドの太っててもそれをよしとするセレブは許せない」と言ったり、プロ石意識も高い。こういう女の子がママでモデルやるってほんとに最高のこと。「ママモデル的なオシャレ」なんかじゃなく、ストイックにオシャレ道を突き進んでほしい。とにかくmichikoが憧れなれないような世界だとしたら、それは世界のほうがおかしいんです。
なにかできることがあればどんどん応援します。