ミスiD2017受賞者 / ミスiD2017 応援賞(CHEERZ賞)

No.90
藤田恵名フジタエナ
1990年7月7日生まれ (26才)
160cm / B90 W60 H90 / 女優,グラビア,歌手 /
自己紹介PR
下積み15年でたどり着いた【シンガーソングラドル】というキャッチコピーで活動しています!藤田恵名です。

ミスコン系は何度か受けたり、グランプリ獲ったこともありますがミスIDはありふれたミスコンとは違うように見えるし、受けることに価値がある気がしたので受けるに至りました!
死ぬまでに東佳苗さんの作る衣装を着たいです!
ワンマンライブや主演映画の公開など控えていることもありますが、今のままでは知名度を上げれないからミスIDを通じて多くの方に知って欲しいです!

将来の夢:満員の武道館でライブがしたい!

特技:作詞、作曲、ギター、ヘアアレンジ、麻雀

最近起きた悲しい出来事:パチスロの仕事でなかなか勝てない

好きな映画:キューティーブロンド

好きな本:湊かなえさんの作品

「これだけは人に負けない!」というもの:シンガーソングラドルという肩書き

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:深夜帯じゃない全国放送の番組にレギュラー出演

好きな言葉:容姿は一瞬才能は一生、全てがベストタイミング

あなたにとってのアイドル:松浦亜弥さん、石川梨華さん
所属
株式会社プリュ
審査員のコメント
青山裕企
総合1位でミスiDを勝ち取ったのも納得の頑張りだったと思います。
これからも、グラビアと音楽をうまく融合させて、パイオニアになってほしいです。
吾妻ひでお
声がかわいい、正直な人だ。
大森靖子
頭いいのか悪いのかわかんないガムシャラで、憎めない人、とにかく人柄の良さで何をやっていても有無を言わせない感じがありました。なので選考では水着があまり水着にみえないぐらいだったのですが、帰宅後インターネットをみるとしっかりグラビアでした。
岸田メル
面接で見せた姿はとにかく後ろ向きで、それでも負けなくないという強い気持ち。何かに強く嫉妬したり、憧れたり、妬んだりという気持ちは誰しもあるし、表現者であればそれがより強いんじゃないかなと思います。藤田恵名さんだって客観的に見たら十分成功し始めていますが、それでも暗いエネルギーを糧にして必死に輝こうとする姿は胸に刺さります。自分もどうやっても嫉妬とか劣等感とかでしか戦えない人間なので、藤田さんみたいな人が頑張っていると勇気づけられるんです。お花見みたいなの、いいなあ…って指を加えて見ているタイプ、でもほんとは混ざりたいんだ…って人、たくさんいますよね。弱い自分を前に出せるからこそ、そういう人たちの星になれると思います。
小林司
「グラビアもやる売れないシンガーソングライター」にある日悪魔が憑依し歌で人を殺す能力を身につける…あらすじだけ聞くだけで間違いなくヤバ度100%な(そして実際にヤバ度100%な傑作)ホラー映画『EVIL IDOL SONG』に主演し、メジャーデビューミニアルバムのジャケットではバストトップを隠したフルヌードを披露。絶え間なく繰り出されるサービス精神の波動攻撃は「なぜそこまで?」と人を戸惑わせる。けれど事実、そのおかげで彼女の名はちょうどこのオーディション期間中のネットニュースを何度も賑わせ、ミスiDの自己PR動画の再生回数を大きく伸ばした。
「2013年にミスiDのオーディションが始まってからずっとミスiDに嫉妬してました」
二次選考になるカメラテストで彼女はそう言い切った。涙声で。
「ミスiDになって一番したいことは?」という選考委員の問いに対しても迷わず「ミスiDの花見に参加したい」と言い切った。「人生で一度もちゃんとした花見に参加したことがないんです。毎年ツイッターで見てて羨ましかったんです」と涙ながらに訴えたとき、選考委員席は大爆笑に包まれだが、みんな心の中で少し泣いてた。
藤田恵名は誰もが蓋をしたいこころの奥のやらかい場所、情けない部分、闇の部分をびっくりするほど正直に前面に出してくる。だから心に闇を持つ人間なら誰でも〈ズキン〉とくる。無邪気なのか作戦なのかわからない。けれど、自分のダークサイドをはっきりと把握し、けれど開き直ることなく深い絶望の中でいつも希望の光を探してる、そんな姿がひとの心を打つ。応援させる。今回の一般投票一位はそんな彼女のこれまでの人生のすべてが引き寄せたものだと思います。
おっぱいは最高。歌の実力もギターの実力も十分。あとはそのギリギリの精神性につけこむどうしようもないなにかに搾取されないよう、ミスiDが役に立ってくれればいいし、彼女の能力がさらに少しでも開花してほしい、と切に願います。
早く水着なしで歌を披露するのが当たり前になってほしいと願うのですが、本音を言えば、水着姿もやっぱりまだまだ見たい(くりかえすけどおっぱいは最高)。でもとりあえず、今回の写真は胸の露出の少ないものをチョイスしました。ご覧の通り顔もすごく正統に可愛い。
とりあえず来年の花見は藤田さんのために必ず開催します。
佐久間宣行
世間に対して戦おうとする格好良さとセクシーさをあわせ持つタイプですね。
これは強い。芸能の世界のけもの道、突き進む覚悟を感じました。
根本宗子
何より自分の力で、人気で勝ち取った賞です。素晴らしい。
柔らかそうな体の女の子は無条件で好きになってしまいます。
パチンコなら教えますよ。
東佳苗
恵名ちゃんはギャップの塊の様な存在。ぶりっ子グラドルかと思いきや全て作詞作曲するシンガーソングライター。
地声が超萌え系アニメ声なのに、歌うとちょっとハスキー。
明るく振舞ってるのは絶望を感じさせない為。そしてたまに出る博多弁。
だいたいの人間が好きになるポイントが詰まり過ぎてる女の子。
弾ける笑顔で苦悩を歌って、サービス精神全開で生き急いでいる姿は、応援する全ての人の夢も十字架として背負っている様にも見えます。
そんな人柄が多くの観客の胸を撃ち、それがミスiDを一抜けした理由だと思います。
ファンタジスタさくらだ
全身から出る闘魂が、メラメラと眩しい方でした!
山戸結希
永遠の文化祭の横並び、好きなひとの隣に立って大きな声で歌おうかどうか迷うシーンがあったら、出演していただきたいです。
吉田豪
「私、ずっとミスiDのお花見に参加したかったんです! ずっとうらやましかったんです!」という目標設定の低さに爆笑。そんなのミスiDを受けなくても簡単に実現することなのに! グラビアなり音楽活動なり女優業なりでちゃんと活躍できている人なのに、本人が足りないと思っている部分がミスiDで埋められればいいですけどね。