ミスiD2017 特別賞

No.36
牛乳寒天なつみん(あ、ピンチ。)ギュウニュウカンテンナツミン
1998年6月19日生まれ (18才)
150cm / 女優,モデル,アイドル /
自己紹介PR
わたしは"かわいい"で終わって死にたく無い。
かわいいだけでも充分正義だし世界を救う、でもそれだけで終わりたく無い。
何かしらの形に残して、自分の可愛さを証明したい。たくさんの人に知ってもらいたい。
わたしはただの自撮りをする普通の女の子です。
でも、このミスiDを通して何かしらの形でわたしのことをたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。
このミスiDのオーディションがわたしの最後のチャンスだと思ってます。
絶対、絶対に残ってみせます。
周りに勝ち、そして自分にも勝ってみせます。

将来の夢:自分の可愛さをたくさんの人に知ってもらうこと

特技:人をイライラさせること

好きな映画:ミクロキッズ

好きなアーティスト、音楽:(敬称略) Maison book girl、BELLRING少女ハート、BiSH、大森靖子、やくしまるえつこ、相対性理論、ラブリーサマーちゃん、禁断の多数決、さよならポニーテール、フラワーカンパニーズ

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:1ヶ月高級焼肉生活

元気アイテム:牛乳寒天

あなたにとってのアイドルしらいちゃん
審査員のコメント
青山裕企
素直なポジティブさと(自身を可愛いという)自信、率直な言葉は、最近の子にいそうでいないな、と思いました。
もちろん可愛いのは間違いないので、5年後、10年後に、可愛いだけじゃ生き残れなくなるかもしれない彼女がどうなってるか、期待しています。
吾妻ひでお
明朗快活で可愛いが少しうるさい。
岸田メル
とにかく明るくてポジティブ。透明感のある見た目も相まって、人を引き付ける力があると思います。実は声もいいし、歌うとイノセント感というか、いかにも少女!って感じで最高です。衣装も選曲もバッチリでしたね。自撮り女子だけあって自分の魅力をよくわかっているところもにくいです。
小林司
「かわいいと思いますか?」「かわいいです」人生で一度だけ言ってみたいセリフだ。
自分をかわいいと言い切る女の子は一定量いる。けど、そういう子はさほど可愛くないというのは相場なのだが、なつみんは、ちゃんと可愛い。そのうえで、可愛い/ウザいのボーダーラインにいる。なかなかすごい。ほんとうはどうだとか裏読みしたくなるけど、僕たちはそれをファンタジーとして受け止めていればいいんだと思う。
それはそうと「小さいころは神様がいて」という歌があるけど、なつみんには大人になったいまも、まだ神様がいるような気がする。コロボックルの住処である北海道の女の子というのもあるんですが、なんとなく見えてそうな。
とにもかくにも、逸材であることは確か。「北の国から2016冬」伝説が、いま始まろうとしている。
佐久間宣行
「かわいいのはわかってる」冗談交じりに言うその言葉が面接を重ねるごとに、本当に自分の中にある言葉として育っていくのを感じました。だからとても面白かったです。テレビ向いてるんじゃないですかね?
根本宗子
自分の可愛さをわかって、自信がある、さらにその姿だかわいらしいというのはとてもいいと思います。
東佳苗
悪意が無い感じがイライラさせるな〜!とみんな思ったはず。(笑)
北海道が育てた天然記念物なんだろうな、とゆうなつみん。
「牛乳寒天なつみんじゃなくてポテトチップスなつみんの方が良いですかね??」
どっちでもええわ!となりますが、その憎めなさが人を惹きつけるのでしょう。
うん、可愛いです。
山戸結希
永遠にお話し続けてやっと涙が出るようなシーンがあったら、出演していただきたいです。
吉田豪
いい意味での「ふてぶてしさ」がある人で、そこが審査員には引っ掛からなかった気がしました。ここは「ほかの世界でもなんとかなりそうな人は、そっちの世界で頑張って下さい」的な判断を下すオーディションだからなー。