ミスiD2018 ファイナリスト

No.61
須崎萌花スザキモカ
1996年3月8日生まれ (21才)
157cm / B79 W60 H85 / アイドル /
自己紹介PR
メンバー内で一人だけ東京に住みながらRYUKYU IDOLというグループでの活動と、もかろんちゃんとしてソロでの活動をしています。(2つの活動における私は全く違う人間です。)
でもこれは自称している肩書きであって、まだアイドルにはなれていません。

私はアイドルになりたいです。


私はいつも1人です。外食も映画もショッピングもカラオケも家でも。
それが変でも特別でも普通でもないと思うんですけど、ぼっち、とは思わないんですけど、こんな世界は変えたいです。



将来の夢:会えた時、泣いてしまう存在

最近起きたウレシイ出来事:趣味ができた

最近起きた悲しい出来事:お気に入りのリップグロスを無くしたかもしれない

好きなアーティスト、音楽:SMAPさん

好きな本:Oggi(の草なぎさんの連載)

「これだけは人に負けない!」というもの:ステージ上のハートの強さ

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:マカオタワーのバンジージャンプ

落ち着くと思う場所:伊江島(故郷)

好きな言葉:No rain,No rainbows

あなたにとってのアイドル:SMAPさん
所属
RYUKYU IDOL
審査員のコメント
大山卓也
彼女を見ていて自分の中に「応援したい」という感情が芽生えてくるのを感じ、これがアイドルってことか!と膝を打ちました。ルックスもかわいいし言動もいちいち面白い。このまま自由に自分らしく活動を続けてほしいです。

小林司
※小林分コメント、近日中にアップします
吉田豪
毎年、「アイドルグループに所属している女の子はミスiDだと不利。逆境にいる人の方が向いているので、脱退とか解雇とかされた子が受けるべき」と言ってるんですけど、今年はエントリー期間に卒業発表をする人が多かったのが印象的。もかろんさんは全然辞めそうに見えなかったから驚きました。この先はアイドルの自立/自律を目指して、アイドルが自らアイドルをプロデュースするようになればいいんじゃないですかね……って、それPIPだ!