ミスiD2018 青山裕企賞

No.73
未夜(未羽)ミヨ(ミウ)
2000年5月29日生まれ (17才)
160cm / B80 W60 H80 / 女優,モデル,アイドル /
自己紹介PR
初めまして、中川未羽(ナカガワミウ)と申します。
私は今までそこそこの成績、そこそこの運動神経でそこそこいる友達と大好きな大好きなアイドルたちに支えられながら何不自由のない生活を送ってきました。
けどある日「私こんな感じで死ぬのかな〜」と思い、なんだかそれがとても嫌で、ムカついて、変えたいと思う様になりました。
10代と言う一番多感な時期に傷つけるだけ傷ついて、楽しめるだけ楽しもう。本能のままに生きれる10代になろう。20代、30代になったら‥それはその時考えよう。
とにかく今を生きれる人になりたいと思いました。
その第1段の挑戦がこのミスIDです。
私の武器は顔に反して声がとてもハスキーなギャップがある所です。
ハングリー精神は誰よりもあります。
笑顔と真顔の差が怖いです。
こんな私ですが何卒よろしくお願いします。


将来の夢:セクシーでキュートな大人になる事

チャームポイント:目と声

特技:アイスの早食い

好きな映画:味園ユニバース、ヒミズ、馬車馬さんとビックマウス

最近起きた悲しい出来事:大好きなモー娘。の推しが卒業したこと

好きなアーティスト、音楽:関ジャニ∞!ハロプロも大好きです。最近はまっているバンドはsuchmosとSHISHAMOです。

好きな本:しろくまちゃんのほっとけーき

「これだけは人に負けない!」というもの:風邪じゃない時風邪?と聞かれる回数

あなたにとってのアイドル:渋谷すばる、松浦亜弥

審査員のコメント
青山裕企
一見、普通の女子高校生なんだけど、只者じゃない雰囲気がありました。
覚悟を決めたらとことんやるというか、とても強く生きて行ける人なんじゃないかなって思います。
ハスキーボイスも武器だと思うし、高校卒業まで追っかけて撮影してみたら、
すごい作品が撮れそうです。


大森靖子
性格というか頭の使い方が清楚で、話しやすいです。ムカつくことすら清潔にみえて、それはもう圧倒的に気持ちに嘘がひとつもないからのはずで、誰にもおしつけずに、なおかつひとつも捨てずにいるのかな、だとしたらどれだけのものを抱えてるんだろうか、なのにしなやかに立っているのがかっこいいです。
声がハスキーで特徴的で、歌うことがコンプレックスなようなのですが、とてつもなくいいです。
小林司
申し訳ないけどまた言います。「顔がエロい」。今回はあえて「セクシー」といったほうがいいかもしれません。
ぼくはベアトリス・ダルという『ベティーブルー』という最高の狂ったフランス的愛を描いた映画が大好きで、その主人公”ベティ”に扮した女優さんがまた大好きなのですが、なにが好きって、分厚い唇と座った目です。
中川未羽にはそれがどっちもある。だからつまり、コンビニで飲むヨーグルトを探しててもその存在はセクシーなのです。見たことはないけど。でもとにかく、存在そのものがセクシーということです。
分厚いその唇から発せられる声も当然セクシーだけど、セクシーセクシーこれ以上言うと怒られそうなのでここまでにします。
が、最後にセクシーとはつまり「存在感がある」です。記号のようなフェロモンメイクや、服装や、谷間や、そういうマガイモノものにはほんとのセクシーさは絶対に宿らない。
そしてあの声。ハスキーなんて形容詞が子供じみて聞こえるほどの、ノイズを持ったハスキー。つまり彼女が唇を開き声を発するたび、世界を震わせるのです。声を出すことで世界が動くのです。それはもう最高のグッドミュージックのように。
説明しがたい、呆然とするような、匂い立つような肉体の魅力を前に、はじめて人は言葉を放棄し、ただ動物のようになる。なれる。動物のようになったほうが幸せにきまってますよね。
中川未羽はひとを動物にさせる。中川未羽をずっと見ていたい、ずっと聴いていたい、と思わせる。なんにでもなれると思うのですが、個人的には女優を見てみたい。主役じゃないかもしれないけど、とんでもない女優になる気がしています。
佐久間宣行
傷ついて、汚れて、脱いで、その中にある本当を皆に見せたい。
性格が悪くなってもキレイになりたい。そんな意志が伝わりました。その覚悟に見合った刺激、待ってるんではないでしょうか?
東佳苗
理想とリアルな自分との狭間で苦悩している姿は、今成功している人誰もが一生抱えていることで、とても正しい苦悩なんです。
美羽がこの先もっと美しく、強く、なっていくんだろうなということは約束されているし、確信しています。今が人生のピークじゃない筈で、このまま悩み続けることが貴方の美しさや才能に磨きをかけるので、モヤモヤやイライラを大事にしてね。