ミスiD2018 ファイナリスト

No.122
ゆきユキ
3月15日生まれ
153cm / B65 W55 H76 / ぜんぶ /
自己紹介PR
これはむかし話です。
家族旅行にいったとき、とちゅうで意識がなくなって、歩けなくなって、生きると死ぬを彷徨って、車いす生活になって、階段ではパパかママにおんぶしてもらって、学校にもいけないから、一日中、ごはんをたべて、あとはほとんど寝てすごして、名前をつけるとしたら、ニートでした。童顔のパパは白髪がふえておじいちゃんになりました。やせ細って、ねむっているのかおきているのかわからない死んだような白い顔してねむっているゆきをみて、はじめて泣いたそうです。

小さいころからずっと、ゆきちゃんは将来大物になりそう、とか、ゆきちゃんは自分をもってるからだいじょうぶ、 とか、いわれます。でも、ゆきは何もないからっぽの女の子です。ぜんぜんだいじょぶじゃない。ちょっと変わってるにみえるのはある障害もってるだからだとおもうし、自分では何が変なのかわからなくて、すきなことはたくさんあるけれど、自分らしさなんてひとつもなくて、いやなことから逃げてばっかりで、努力なんて大学受験の直前にちょっとしただけで、できることといえば太陽の昇り降りをながめるくらいで、死んだふりどころか、ほぼ死んでるます。
身体は生きていても、中身はあのころとおなじ、死んでるのです。

ママや妹に、大学行ってる意味ないよね、とか、ゆきみたいな生き方もったいない、っていわれて、ゆきはしあわせだからいいんだっておもってたけれど、だんだん歳をとって、永遠につづいていきそうな未来に限りがあることを知って、自分がいつか(明日かもしれない)消えてなくなってしまくことがこわくなって、「しるし」をのこしたいとおもいました自分の中に、他人の中に。

死んだふりして生きてるのはもう飽きた。

今日この言葉をみつけました。運命だとおもいました。応募が今日まででした。運命だとおもいました。何ができるかわからないけれど、何もできないかもしれないけれど、いま、死んでるゆきの心をすこしでもふるわせたから、がんばってこれを書いています。明日にはかわってるかもしれないけれど。

ゆきは、からっぽだから、何でもはいります。
生きているみたいに、生きたいです。パパとママの子供がゆきでよかったって泣いてほしいから。



将来の夢:天使

チャームポイント:深爪

特技:なんと、ないです

最近起きた悲しい出来事:悲しい出来事はすぐわすれるいきもの

好きな映画:青い春

好きなアーティスト、音楽:スピッツ、小沢健二、クリープハイプ

好きな本:コーネリアスの惑星見学

「これだけは人に負けない!」というもの:愛と平和

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:友達をつくる

落ち着くと思う場所:ゆきのことがすきな人のとなり

あなたにとってのアイドル:だれでも