ミスiD2018 セミファイナリスト

No.26
朴ゆすらエノモトユスラ
1999年10月1日生まれ (17才)
152cm / B87 W58 H78 / 女優,歌手,文学 /
自己紹介PR
何書けばいいのかわからない位には平凡な人間だし別に私、学校とかもぼっちじゃないし、なんでミスiDに応募したの?とか聞かれてもねえ…っていうかぼっちの人は自分の努力不足だと思ってるし才能とも思ってる。そんな事言う人は私以外にもいるだろうし、私じゃなくてもいいのに私自ら審査員の反感を買いに行くスタイルがまず自分的に頭悪い方法だし。でも書きたいから書く。やりたいことはやりたいし好きなものは好きだし嫌いなことは嫌いだし綺麗なものは綺麗。何事にも素直に生きてたらなんも考えてなさそうってよく言われる人間になってた。私って考えたふりして考えてなかったのかな?知ってるようで何も知らなかった?世界には私の知らないことが数多あるし私が踏み込んだアンダーグラウンドなんて東京にしかない、この文も応募締切の一時間前に練ってるし何も知らない私が何もしないで世界を変えるなんて絶対無理じゃん。不良娘とかメンヘラとかそういう枠付されてる時点でもう私は私でなくなるのでそうやって訳されないような人間になりたい。そもそもぼっちは枠組が一人限定って特例の時点でズルいよね。誰だって最後は一人ぼっちなのに社会は枠組でしか私を見てくれないし私個人は枠組みで勝ち抜かなきゃ見てくれる可能性もない。のにぼっちは最初から個人だし最初からその人自身を見てもらえるじゃん。階段スタートズルしてマークしたでしょ。私50m走13秒台なんだから勘弁して!
ぼっちに劣る分私は沢山の経験を積んできた。ある程度勉強もしたし身なりも私らしく磨いて酸いも甘いもここでは書けないような苦い思い出も沢山。でもどうしたってはみ出したのは切りたくなるし叩きたくなるのが残念日本人の本懐らしくてどこでも自分らしさの途中で僻まれるし妬まれるし私怨の世界。枠のトップに立つなんて簡単だけれど枠からはみ出るのは至極難しい。枠からはみ出たぼっちはぼっちとは正確には違う概念だしもう人様から見ていただくことなんで出来ないのです。うーん難しい!
私は私を見て欲しくて沢山の経験をしたはずなのに、結局「ヤバイ」って言葉で片付けられて異端止まりでした。端っこじゃダメなのに。私は私なのに。一つにカウントしてよ。
私はぼっちが羨ましいしなりたくない。そういう感情を全部綴って、「私」を見てくれる人がいる環境をミスiDでつくりたい。あ、私の好きな食べ物は小麦粉類です。



将来の夢:48歳になったらスイスで死ぬ、死ねなかったら大人しく人生を全うする

好きな映画:渇き。、時計じかけのオレンジ、アラジン、ピエロがお前を嘲笑う、スーサイドスクワッド、B級邦画はだいたい好き

好きな本:死後の恋/夢野久作、フルーツパーラーにはない果物/瀬那和章、ここは退屈迎えに来て/山内マリコ、悲しみよこんにちは/サガン、青空の卵/坂木司、 さよなら、ニルヴァーナ/壷美澄、キノの旅/時雨沢恵一、

人生で「これだけは経験しておきたい!」こと:椿の蜜を吸いたい、金魚を買いたい、屋上で何かをサボりたい、人のいない海を夜に泳ぎたい、