ミスiD2018 月のフォトジェニック賞

No.68
月野雪ツキノユキ
1999年12月22日生まれ (18才)
162cm / B75 W59 H84 / モデル,アイドル,ダンス /
自己紹介PR
自己顕示欲がひたすら強いです。
可愛い子が大嫌いで大好きです。
自分もそんな風になりたい。


将来の夢:自分が綺麗でいれる仕事

最近起きた悲しい出来事:テスト

好きな本漫画だと累、ホリミヤとか

「これだけは人に負けない!」というもの:自己顕示欲、承認欲求

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:ステージにあがってみたい

好きな言葉:なるようになる、なんとかなる

あなたにとってのアイドル:金子理江さん黒宮れいさんなどなどなどなど
審査員のコメント
大郷剛
大きな目、白い肌、黒髪のロング、バランスよいスタイル、これはすごい強い武器が揃っているのと同じ。
存在感ていうか華がある。写真集作ってみたい感じ。
大森靖子
声と顔の相性とてもよくて素敵です。
人のやりたいことと行動力のバランスみたいなものと自分を比べる必要全く、自分のやりたいことをまっすぐみつめてすすめば、アイドルうまくいくと思います!アイドル的には、どのグループにいても全体を底上げできる人材のように見受けられます。
菅野結以
リアルドールなひんやりとした麗しさ。
目があった瞬間から、物語がはじまりそうな。
小林司
最終面接を待つ廊下の椅子に座ってる月野雪を見たとき「あ、死んでるのかな」と一瞬思ったのを覚えてます。それくらい顔色は白く、微動だにせずうつむいて座り、まるで人形のように見えました。
黒髪ロングで黒い服を着ることが多いので(写真をみるかぎり)ますます肌の白さが際立つのですが、なにがいいって、ホクロが美しいです。色白の肌にそれはまるで絵のように配置された多めのホクロは、月野雪のなまめかしさの象徴です。
名前も素晴らしいです。ネーミンングセンスというのはいまやその人の人生を左右するので、その点月野雪は名前を裏切らないルックスなので安心です。
でもなによりおもしろいなと思うのは、冒頭で「死んでるのかな」と書きましたが、いや全然生きてて、それどころか話すと全然生命エネルギー高めなのです。生き生きしてるのです。
一見ダークな美少女だけど、けっこうたくましいと思う月野雪。たぶんこっちの予想なんて上回る女の子にどんどんなるはず。
あと願わくはどうかティム・バートンに見つかりますように。
佐久間宣行
可愛い子が嫌いだけど大好きで、自信がないけどあって、意を決して初めてのオーディションに飛び込んできた。面接で見せてくれた、その心の揺れが印象的でした。同世代に共感されるんじゃないでしょうか?
東佳苗
普通に何の不自由もないくらいに可愛い、なのにどうしても捻じ曲がって生きてしまうのは雪が感受性が豊か過ぎるからなのとSNSに捉われすぎているからだと思う。監視社会なので一喜一憂しちゃうのは分かるけど、他人は他人、自分は自分。
自分だけが自分をちゃんと愛してね、そしてちゃんと怒ってくれる人を大切にしていけばインターネットなんて虚構だってことに気付くし、人生は楽になるよ。大丈夫、雪は可愛いです。