ミスiD2019 ファイナリスト

No.135
よだだヨダダ
1997年5月6日生まれ (21才)
152cm / B79 W61 H82 / 女優,お笑い,YouTuber /
自己紹介PR
デザインを学ぶ芸大生です!いつもハイテンションでのりのりで、ユーモアに満ち溢れており、人々を笑わせ楽しませることが得意です。地元愛知での舞台経験もあり、将来は役者になりたいと思っています。お洒落も好きで、カラフルで派手なファッションや、ファンタジックな服が好きです。自撮りを可愛く撮るのが得意です♡最近はダイエットに励んでいて、脚も少しずつ細くなってきました!いろいろなメイクをするのが好きで服に合わせてメイクを変えて楽しんでいます。顔の印象違うね!と言われることもよくあります。



将来の夢 :小学生に魔女と呼ばれる婆さんになること

チャームポイント :濃いめの眉、たくさん動く鼻

特技 :1人ミュージカル、1人ジブリ

最近起きたウレシイ出来事 :水で育てている観葉植物から根が生えたこと。

最近起きた悲しい出来事 :水で育てている挿し花にカビが生えてたこと。

好きな映画 :ぼくのバラ色の人生

好きなアーティスト、音楽 :宇多田ヒカル、アイアムアイ、ディズニーソング

好きな本 :みえる詩あそぶ詩きこえる詩

「これだけは人に負けない!」というもの :ノリノリさ

元気アイテム :オモコロ!

落ち着くと思う場所 :自宅のトイレ

好きな言葉 :プレミアムフライデー

あなたにとってのアイドル :ももち
審査員のコメント
大森靖子
もっともっと加速度あげてたのしくなっちゃいましょう。
楽しかったです!
小林司
京都でデザインを学ぶハイテンションなファッショニスタ。そんなわかるようでよくわからないキャラクターで最初押していたせいか、芸人ぽさというか(「通販」一人コントとか)そういうノリが、逆によだだという女の子の人間性を届きにくくしてたような気もします。
なぜならだんだん知れば知るほど複雑で面白いしかないのです。
CHEERZでは「パーティに場違いなGeek系女子」「プロムだったら誘われない女子」みたいなタイトルでいい写真を連投したり、「他から見たのは知らないが、現在の私はブスと可愛いがせめぎ合っている顔をしてるんじゃないかと思う」とか自虐は自虐でもユーモア混じりの品のある自虐による美醜ネタを呟いたり、noteのブスの自分史は名文でした。すごい知性だなと思います。
そして顔だって、ほんとに見れば見るほど可愛いです。なんというかユーモア要素をちょっとだけプラスした土屋アンナ。
こう書いてくるともはや無敵じゃないかという気がしてきました。
がんばれ、よだだ。