ミスiD2019 菅野結以賞

No.58
櫻井香純サクライカスミ
1996年6月24日生まれ (22才)
160cm / 女優,モデル,ダンス /
自己紹介PR
櫻井香純(サクライカスミ)といいます。
7歳からクラシックバレエとジャズダンスを高校卒業まで踊り、現在はコンテンポラリーダンス、フィンガーダンスを得意ジャンルとしています。最近はダンスに加えモデル、お芝居、MV出演、モーションアクトなどいろいろな事をやらせて頂いています。
↓昨年末に投稿したフィンガーダンスの映像です。
・https://youtu.be/_5e7Lhb3vi8
・https://www.youtube.com/channel/UC6aFBUGS61MLMEXJcsoxaDQ
髪型は数年前に「BLEACHの砕蜂みたいにして下さい」と言って切ってもらいました。アニメと初音ミクとラジオが好きです。
今のうちに何でも差し出しておこうと思いました。よろしくお願いします。



将来の夢 :恩を返すこと

チャームポイント :少し前まで歯列矯正でした今は髪型

特技 :どこでも踊れること

好きな映画 :千年女優、GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

あなたにとってのアイドル :KIMIちゃん
審査員のコメント
大森靖子
踊りは全身よりフィンガーダンス好きでした。顔と踊りが一致してるのいいです!
菅野結以
からだひとつで少年にも少女にも鳥にも風にも怒りにも自由にもなれる人。
最終審査で踊る彼女を見ていたら、櫻井香純という媒体を通してたくさんの景色が、万物が、感情が、見えた。

インスピレーションを与えてくれる存在をミューズと呼ぶのなら、あの日彼女は完璧なミューズでした。
そしてこれからもっとたくさんの人にとっての、それになるのだと思う。

とても自由に踊っているように見えるけれど、その中にはどこか「踊ってないと死ぬ」というような切迫感とかギリギリ感があって、そういう「生きるか死ぬか」の表現にしかたどり着けない領域っていうのが、確かにある。

自分自身のほんとうの心の声と真正面から向き合って、正直に生きよう、表現しよう、とする人の顔は、佇まいは、くだらない世間の卑しさや浅ましさなんかじゃ到底汚すことができない強さがある。それを、“気高さ”と呼ぶ。
それを持っているってことは、どんな高級車や宝石よりも、ずっと価値のあることだと思うのです。
鹿野淳
ダンス力がかなり優れていたし、踊るだけで何かを代弁する身体表現が優れていました。コマーシャルな世界で覚醒するかはわかりませんが、彼女の「舞い」にはストーリーがありました。