人の人生を笑うな。賞

No.17
ikillイキル
イラスト /
自己紹介PR
絵を描くのが好きです。
審査員のコメント
小林司
新潟に住むイラストレーター。とにかくカメラテストで見せた自分を主人公にした紙芝居がまずほんとに素晴らしいので、未見の人はすぐ見てほしい。これを見れば彼女のここまでの半生がわかる。
まず、彼女の描く女の子がとてもいい。今の空気を含んで、柔らかい。
そして本人もちゃんと可愛い。なんというか、言文一致の、このイラストを描く人はこうであってほしいというルックスをしてる。やっぱり今の空気を含んで、柔らかい。
そしてこれも何度か言っているけど、文章もいい。そして、なぜか撮られる写真のセンスまでいい。(例えば僕が期間中にnoteで書いた #あいすくりーむとじょし の選評を見てもらえれば載ってます)。
そんな才能溢れる女の子が、きれいな山の見える「誰も自分の絵も自分も見てくれない」場所から送ってきた呪詛がこのエントリーだったと思う。そして「人の人生を笑うな。」(2020のキャッチコピー)賞をとった。
なのでここからは、もうその呪いからは少し解き放たれて、自分の表現を完成していってほしい。もしかしたら、総合的な美意識の高い子なので、それは絵ではないかもしれない。
焦るかもしれないけど、今は過渡期だと思う。自分の今までとこれからが混じり合う。そういう時期は誰にでもあるので、焦らず、でも好きなことを続けてほしい。自分を見てくれる人がいるという、一番大事なことをこのオーディションで知ったと思うので。(例えアンチがいることまで知ったとしても、何もやらずに埋もれるよりマシ)
才能があって行動力があって、葛藤が深い。これは今まで東京に住んでない、と言うことも一つあると思うので、全てはここから。
吉田豪
最終面接がイマイチで本人も自信を失って落ち込んでたみたいなんですけど、絵のセンスとかやろうとしていること(アイドルプロデュース)とか、いいものを持ってる人だと思います。絵が誰かに似ていると言われれば、すぐに違う方向の絵を描いて「イベントのとき見て下さい!」って言ってきたりとか、ガッツもあって好印象。悩みやすいけど、それでもちゃんと一歩前に進める人だと思いました。