ミスiD2020 ファイナリスト

No.77
常住奈緒ツネスミナオ
1999年3月4日生まれ (20才)
164cm / B79 W59 H82 / 演劇 /
自己紹介PR
はねるつみきという劇団を主宰している劇作家です。私は口唇裂という病気で、鼻から歯茎にかけて裂けて生まれました。

「頑張ればみんなと同じ普通の顔になおるから」という大人の言葉を信じて、私は度重なる手術を頑張ったのですが「みんなと同じ普通の顔」にはなれず、今も傷は残り顔は歪んでいます。思春期当時、テレビは面白おかしく整形を取り上げていて「生まれたままの顔を変えるなんて親不孝」という人がいて、生まれた直後から生まれたままの顔じゃない私は絶望に暮れました。 テレビにも雑誌にも田舎にも私みたいに顔が変な人なんていなかったしやっぱり可愛さでカーストはあるから私だけ人間じゃないと感じていて、機をみて死ぬしかないと思っていたけど、お笑いが面白くて、ピカルの定理を来週も観たくてギリ生き残りました。

わたしが辛かった原因の大きなひとつは口唇裂で幸せに生きてる人のモデルケースを見つけられなかったからです。芸能人には口唇裂の人ほぼいないし、インターネットにも情報が少ないです。どれだけの子供が人と違うというだけで自信を削がれ可能性を潰したのか。考えるたび胸が苦しいです。夢と幸せを叶えて、私自身をモデルケースのひとつにしたい。それが人生の夢です。

傷も歪みももう20年目になって、異物だったこれらはすっかり人生を孕んで真実味を帯びた私になりました。傷がなければ今の私はいません。傷を携えた私こそがそのままです。そのままの私を可愛いと言われたいです。奇形は笑えないからって理由でアイドルも芸人もなることを諦めてきたけど、そんなのくだんないぞ!って昔の自分覆しまくって証明したいです。



人間に対して生きながら得る主観的気づきとそれをドラマに書いた時に得れる客観的気づきの繰り返しで現実を認識しています これからは多様性の地獄へ突入しますがこの世はもともと地獄です より純な私になって、個性の資本主義社会、がんばる、という気持ち 分かり合えなさを前提にしないとコミュニケーション辛いけど共感してくれる人もいないと辛い 全ての人は0と100の立体的な揺らぎの中にあってその揺らぎを外側からそのままに多様性を可視化できる一番のツールが演劇ではないかとおもっています 私とあなたは共感しあえたり分かり合えなかったりできます 地獄においてはすべて希望です 楽しい地獄〜わたしは作家です!



将来の夢:シナリオを書いて生活し続けること 幸せを体現すること

特技:足で座布団を回して飛ばせます

好きな映画:愛のむきだし クレヨンしんちゃん映画(好き順1オトナ帝国 2ヤキニクロード 3ユメミーワールド)

好きなアーティスト、音楽:ハロプロ全般(特に後藤真希、松浦亜弥、石川梨華、嗣永桃子、佐藤優樹)、大森靖子、カネコアヤノ、バナナマン、バカリズム、東京03、ラーメンズ、GAG、Aマッソ、オードリー、山里亮太、りゅうちぇる、

好きな本:「天才はあきらめた」、「ナナメの夕暮れ」

「これだけは人に負けない!」というもの:地獄の数に対しての朗らかさ

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:クレヨンしんちゃんの映画の脚本

元気アイテム:太陽の塔

好きな言葉:恐れがあるのは愛が足りてないから

あなたにとってのアイドル:ピース 佐藤優樹 ゆっきゅん

ミスiDをどこで知ったか:大森靖子さん