人の人生を笑うな。賞

No.130
村西里世ムラニシリセ
1998年7月7日生まれ (23才)
160cm / B80 W57 H80 / 女優,モデル /
自己紹介PR
私は元7年間の引きこもりでおしゃれ大好き人間です。趣味で男装もして、いつもと違う自分になれることを楽しんでいます。そんな私が今まで波乱万丈な人生を送りどう人生逆転したかをお話しします。
約一年前の私は今社会問題になっている引きこもりの一人でした。引きこもりになったきっかけは東日本大震災のあった年で引越しをしていたので、慣れない環境での中学校生活を始めるなか、友人関係や部活の悩み、以前との環境変化諸々に耐えられなくなり夏休み明けから不登校になりました。高校受験は出席日数が足りず失敗、通信高校に進学し、大学さえ希望校に入れず結局中退、引きこもりがちの生活で何もかも中途半端でした。周りの人がSNSで楽しそうにしているのを見ると羨ましくて悔しくて泣き続ける日々を送っていました。このままではいけないと思い、昔から憧れていた芸能界に入って自分の人生を変えたいと思っていました。そんな中テレビ東京の青春高校のことを知り、まさに自分にぴったりのオーディションだと思い、入学して自分の青春を取り戻したいと思いました。結果、オーディションに合格しました。
青春高校に入学してから一年で私の人生は180度変わりました。毎日夕方の生放送に元引きこもりというキャラクターで出演し、色々挑戦してきました。素人だった私が生放送で色んなバラエティ企画に歌やダンスをしたり、時には演技、趣味の男装のりせおというキャラで出演したり、タレントの小宮さんとデート企画をさせて頂いたり、大勢のお客さんの前でライブをしたり、そして「引きこもりあるあるのうた」のMVを作って頂き動画再生総数約50万回ととても反響がありました。
https://youtu.be/Gx_WxeuG3m0
今は新宿アルタの劇場公演に出演したり忙しく充実した毎日を送っています。
青春高校のおかげで自分に自信が持て、引きこもりの自分でも人生やり直し生まれ変わることができ、引きこもりでも人生やり直し生まれ変われるんだということを世界の人たちに広く知って頂き、私と同じ悩みを持つ人々に勇気やパワーを与えていきたいと思いミスiDにチャレンジしました。
見た目は大人しそうですが、男装や大喜利に挑戦したり、芸人さんのダンスを完コピしたりと見た目とのギャップを強味にして、引きこもりの底力でミスiDになり引きこもり界のシンデレラの称号を頂きます。



将来の夢:引きこもり界のシンデレラ

チャームポイント:目

特技:男装、引きこもりあるある、フリップ大喜利

最近起きたウレシイ出来事:引きこもりの方が自分の活躍を見て学校に通えるようになった話を聞いたこと

好きな映画:グーニーズ、ハリーポッター

好きなアーティスト、音楽:ONE OK ROCK、SEKAI NO OWARI

「これだけは人に負けない!」というもの:普段の自分と男装した時のギャップ

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:ファッションショーのランウェイを歩くこと

元気アイテム:ポコタン(小さい頃からずっと持っているひよこのぬいぐるみ)、ファンレター

落ち着くと思う場所:自宅のリビング

好きな言葉:ありがとう

あなたにとってのアイドル:しゅんしゅんクリニックP
審査員のコメント
菅野結以
正統派アイドル的容姿×ガチひきこもりというギャップもさることながら、どんな時もはきはきと笑顔で明るく振る舞おうとする姿勢が、甘えがなくてかっこいい。
小林司
カロナールと一緒の「青春高校」(テレビ東京)からのエントリー組。
「引きこもり界のシンデレラ」というキャッチーなコピーを自分で掲げ、アイドル的なルックスと、佐久間さん曰く「最初から比べるとめちゃめちゃ上手くなった」と言う意外に高いトークスキル、そして何よりも根っからのであろう驚異的な真面目さでファンを掴み、CHEERZイベントでもいい作品をあげ、途中で「青春高校」からは卒業したものの、見事に完走した。というのがここまでのストーリー。
このままでもアイドル的人気はあるし、それなりに仕事もありそうな気はするけど、本人はもっと上を目指してる。
なりたいものはアイドルではなく、モデルとタレント。なので本人も言ってたけど、モデルでADHDをカミングアウトした「栗原類くんのような」場所、と言うのは目指す場所として正解だと思います。
ただ、彼の場合も、ある意味浮世離れしたルックスを武器にモデルとして活動を続けてきた上で、テレビ番組である日バズった(それまでも実はずっとADHDであることはブログなどに書いていた)。つまりある程度の仕事の下地を積んだタイミングでコンプレックスが予期せぬ武器になったわけです。
なので、まずは何よりも「こんなおもしろい子が引きこもりだったんだ」と世間に言わせる人にレベルアップすることが先決だと思います。それには、自分の持ってる武器を総動員して世界に一人の村西里世を完成させるしかないわけで。そう簡単なことではないけど、真面目な人なのできっとできるはず。まずは自分の武器を、ルックスやスタイルの良さはもちろん、例えば、影のある(ここ重要)美貌、ありえない真面目さ、ガチのオタク喋り(と個人的に好きなきゃぴ度の低い低音ボイス)、これも個人的には大好きな美少年コス、エトセトラなどきちんとリストアップしてブレイクに備えてほしい。
佐久間宣行
人一倍悩むし、傷つきやすいし、涙もろい。持ってる才能を活かすまでに時間がかかる。そしてすぐ凹む。でもその分、一つに決めた時の思いは誰よりも強いし、前を向くだけで誰かを感動させる事ができる。引きこもって苦しんだ10代の何倍も、20代は笑ってほしいと思ってます。
夢月
一際目立つような美人な女の子が引きこもりだったなんて、どんなに素敵な女優さんでも浮気をされちゃうんだね..みたいに、みんな同じ人間なのに美人ってだけリアルじゃ無くなるんですよね。だけど里世ちゃんは知れば知るほど「ガチ感」が見えてきて、引きこもり界のシンデレラがちゃんと私の中でリアルになりつつあります。
そして本当にお顔が綺麗なので、絶対色んなメイクが映える!