ミスiD2020

No.46
ケイト
18才
自己紹介PR
生きてます
審査員のコメント
大郷剛
ものすごい逸材。
今回のオーディションで高評価を受けると思うがどうするのか気になる。
これからの成長次第ではとんでもない可能性がある。
川後陽菜
かわいい。かわいい。とにかく顔がかわいい。適当な感じなのに、自分は小さい箱に留まりたくないという意思があって自由を求めている。生きやすくなってほしい。アイドル性もあるし、細かいイラストが上手いのでタトゥーアートなどの分野でもどちらでものびそう。アイドルになったら推したい。
菅野結以
だれの前でも絶対に作り笑いをしない、無骨なぶっきらぼうさが推せる。
一生反抗期!ってキャッチフレーズつけたい。
本来ひとは笑いたいときに笑えばいいし、どんな時も取り繕わず堂々と自分自身でいればいいっていう当たり前を思い出させてくれてありがとう。
自作のタトゥー緻密でいけてた。
小林司
16歳の高校生。つまらない授業中に右手で左腕に書くタトゥーのような精密画の異常な完成度。暗いのに済んだ目。簡単に美少女と言うのをためらうほどの深いオーラを秘めた子。別にバンドやってるとか、アーティストですとか言うわけでもないのに、ポストパンクやニューウェイブのような内省的なロックマインドを感じさせる。
今回のミスiDで、一番理由を説明しにくいながら、見た誰もをそっち側の穴に引きずり込んでしまうような特別な存在感。2020年の空気が誰よりもパッケージされてる女の子。
あなたの魅力に気づかないバカな大人たちのために傷つき汚れることなんてない。
SPOTTED PRODUCTIONS
左手に刻まれたイラストはもちろんですが、真顔で呪詛を淡々と語る姿に引き込まれました。自分の中では裏グランプリ感あります。女優としての素質も秘めてると思う。大野大輔監督とか相性良さそう。
中郡暖菜
最終面接で、腕に描かれた絵を見せてもらったときに、とても似合っているなと思いました。ファッションも個性的で、ロックなテイストが印象的です。きっと頭が良すぎてしまい、知的だからこその悩みが多くあると思いますが、周りに溶け込まずにパンクロックして欲しい!場の空気を掌握する力は抜群なので、多くの人の記憶に残るようなことが得意な方だと思います!
夢月
"生意気なかわいい女子高生"って実際女子なら、かわいいのは分かるんだけどやっぱり少しムカついてしまうはずが、慶ちゃんの話ならいくらでも聞いてたくなっちゃう。
吉田豪
キリスト教の学校で教師相手に反抗を繰り返す、思春期全開のアグレッシブティーン。やけにクオリティの高い腕の落書きスキルも、手加減のない口の悪さも実に思春期。他のミスiDファイナリストからも批判されるレベルでイキりまくっているのに、いざミスiD発表で自分の名前を呼ばれると一人で歩けなくなって支えられながらステージに来て、一人で立ってられなくてステージにしゃがみ込んでいたギャップも良かったです! 狂犬チワワ!