ミスiD2020 ファイナリスト

No.98
春乃ハルノ
2002年3月11日生まれ (19才)
159cm / 女優,モデル,アイドル /
自己紹介PR
体調不良がきっかけで環境も自分の中も目まぐるしく変わり 落ちこぼれの劣等感や悔しさをTwitterや音楽でごまかしながら過ごしています。
なんでも自由にできたはずなのになにもせず自分自身のなにもできなさにイライラします。
この気持ちがなにもなかったかのように薄まって 消えていくのが悔しいです。
今の私をどこかに残したいです。

これから高校生が終わって どんどんつまらない人間になるのは嫌だと思い、映画を見たり 好きな人の情報を追って個展やイベントに行っています。
その空間がとても好きで 私もその中に入りたいです。
特に映像(映画)に興味があって出る側も裏方側もやってみたいし 何かしらの形で関わりたいです。

自分のことを知られるのは怖いけれど、誰かに知ってもらいたいです。
よろしくお願いします。



将来の夢:丁寧な暮らし 充実

チャームポイント:耳が小さい

特技:少し泳ぐのが速い

最近起きたウレシイ出来事:ライブの整番が良かった

好きな映画:「生きてるだけで、愛。」「チワワちゃん」「管制塔」「溺れるナイフ」「おんなのこきらい」「リリイ・シュシュのすべて」「俺たちに明日はない」

好きなアーティスト、音楽:Galileo Galilei、Bird Bear Hare and Fish、warbear、BUMP OF CHICKEN、きのこ帝国、大森靖子、みるきーうぇい

好きな本:「殺さない彼と死なない彼女」「きみはポラリス」「ハチミツとクローバー」

「これだけは人に負けない!」というもの:口内炎のできやすさ

元気アイテム:音楽 映画 ファミチキ

あなたにとってのアイドル:好きな人全員
審査員のコメント
小林司
学校は嫌いじゃないのに行けないとか、自分ではどうしようもないことでの体調不良がずっとあり、日々ごまかしごまかし生きている。
「このままつまらない人間になるのは嫌だ」という気持ちでミスiDにエントリー。去年は書類落ちだから、少しづつかもしれないけど、その魅力はわかりやすくなっていると思っていいはず。
「特に映像(映画)に興味があって、出る側も裏方側もやってみたいし、何かしらの形で関わりたい」とエントリーに書いてあるように、自分のペースで映像やグラフィックで何かを表現することはおそらく得意で、自分のペースでできることでもあるし、是非続けてほしい。
もう表も裏もない時代でもあるしこれからそれは加速するはずなので、彼女のような体力的には自信がないという理由で挑戦を躊躇ってしまう人のロールモデルになってほしい。
ミスiDのiDの中にある「アイドル」は最初から言ってる通り、歌って踊るのだけがアイドルじゃない、ほんとのアイドル、アイドル性はどこにでもある、のだから。CHEERZのお題投稿、「外で食べるカップヌードルとベッドで食べるカップヌードル」のこと書いてたり、はっきり書かないのでわからないけど、そんな小さなことを話したくなる人。
それはそうと最近の自撮り見ると明らかにワンランク可愛さが上がってる。