ミスiD2020 UpNext

No.88
浪木リオナミキリオ
2002年4月12日生まれ (20才)
162cm / 女優,アイドル,漫画家 /
自己紹介PR
==
審査員のコメント
小林司
茫洋とした大物感を感じる。うまく言えないけど。
サービス精神はない。特別変わったセンスがあるわけでもない。スタイルもいいし、多分クラスにいたら三本指に入るほどの可愛さだろうけど、俯瞰で見れば広瀬すずや橋本環奈ではない。偏差値70台の高校に通う才女だけど、そこで一番ってわけじゃない(たぶん)。じゃないんだけど、間違いなく人を惹きつけるぼんやりした底なしの魅力がある。
今年のミスiDオーディション期間中で僕の知る限り一番アイドルグループの誘いがあった女の子。坂道オーデは落ちたにせよ、冷静に見てもアイドル力は相当高いんじゃないかと思う。
けど、アイドルなのだろうか。わからない。魅力はあるけど、彼女にしかない可能性がなんなのかまだ見えない。
ものすごく勝手な提案をするなら、この一、二年がまずは勝負だと思うので、例えば入り口にアイドルはもちろんいいと思う。さらに言えばグラビアなんかも意外にいいのではないだろうか。グラビアは自分の名前がソロでちゃんと大きく出る唯一のメディアです。もちろん僕もグラビアもずっとやっていたのでそんな甘くはないことは重々承知だけど、例えばかつては綾瀬はるかや長澤まさみだってそこを経由して世に出たように、あくまで見てるのはその先の女優というグラビアでいい。
それくらい、最終的には個人的に言えば女優をやってほしいルックスと雰囲気。茫洋とした大物感、というのもそういうことだ。
最終面接の黒ワンピもカメラテストのカジュアルもどっちも可愛くて、おそらくファッションも好きなのでしょう。背も高くそれを着こなすスタイルもある。
彼女のようないろんな魅力が拮抗してて、今はまだどの部分がブレイクするのかわからない子は、とにかくいろいろやってみればいいと思う。やらなければ魅力は見つからない。
期間中、ハーマイオニーのトレーナーを着てトンコツラーメンを食う写真をCHEERZに上げてて、それが大好きでした。腐った世界を最後に救うヒロインはそういう女の子だとずっと思ってる。