実行委員長特別賞

No.145
夕月未終ユヅキミオ
9月23日生まれ
163cm / B87 W58 H92 / 女優,歌手,YouTuber /
自己紹介PR
いつまでもこのままでいいなんて思ってない、それでも時間は進んで、だけど時間は進むから、いまできるやり方で戦うしかないんだって思うけど、状況が変わっていくことも怖いし、進むということは、変わるということ。
変わっても私は私でいられるのかな、
私の脳内を、形にするまで頑張れるかな。



将来の夢:映画を作ること

チャームポイント:声

特技:天才

最近起きたウレシイ出来事:平成墓嵐の解散ライブが決まったこと

最近起きた悲しい出来事:ひとのことを考えないひとにでくわしたこと

好きな映画:GOTH

好きなアーティスト、音楽:ROCK

好きな本:渋谷 藤原新也

「これだけは人に負けない!」というもの:平成墓嵐のプロデュースと今後の構想

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:映画を作ること

好きな言葉:明日までがんばる

あなたにとってのアイドル:夕月未終

どの選考委員のTwitter、Facebook、ブログで知ったか:小林司
審査員のコメント
小林司
聡明さと自堕落さを兼ね備えている。でも彼女の最大のいいところは行動が停滞しないとこだ。これはある意味すごいのだ。
彼女を初めて知ったのは、2014年の渋谷パルコでやった「ミスiD文化祭」。レイチェルや井上苑子や稲村亜美も出ていたそのステージで、「何か質問ある人」に思い切り手を上げてきたのが夕月未終だった。ハットを被り黒づくめのバリバリの美大生ルックだったと思う。
それからずっと付かず離れず彼女の人生を見てて、ミスiDともずっと付かず離れずついてきてくれた夕月未終。
もう正直距離感がよくわからず、ちゃんとした選評が書けない。困った。
ただそう言う人はミスiDで後にも先にも彼女しかいない。
でも今じゃない気がする。書くの。
困った。