ミスiD2020 ファイナリスト

No.118
ましちゃんマシチャン
1999年8月29日生まれ (22才)
162cm / B84 W63 H87 / 女優,アイドル /
自己紹介PR
先日2年ほど所属していた事務所を辞めました。歌、演技など何らかの形で表現をし続けたい、自分の可能性をまだ信じたいです。よろしくお願いします



将来の夢:誰よりも幸せに生きること

チャームポイント:笑顔

最近起きたウレシイ出来事:自分の周りの人達が優しかった

最近起きた悲しい出来事:事務所をやめた

好きなアーティスト、音楽:サザンオールスターズ

「これだけは人に負けない!」というもの:自分を信じる気持ち

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:挫折

元気アイテム:人からもらった手紙

落ち着くと思う場所:トイレ
審査員のコメント
小林司
SAKA-SAMAというアイドル脱退後、「自分の可能性をまだ信じたい。歌やダンス、演技などまだ挑戦したいと思い」ミスiDを受けた。
オーディション終盤でAPOKALIPPPS(アポカリップス)というアイドルに再び入ることになり、そこからはコンスタントに活動してるようで良かったです。
アイドルとしての彼女を知らないほとんどの選考委員に、ルックスも笑顔も歌もギターも可愛い、ポップですごくいい、とかなり絶賛されていて、特にカメラテストで見せてくれた弾き語りの良さはまだ強い印象を残してる。
実際アイドル衣装以上にナチュラルな服装なんかも似合う人だと思うので、ぜひそういう良いところをどんどん出して、彼女がやりたいと言ってた演技やスタイルの良さを生かしたモデル的なこととか、同性ウケするポイントを全面に押し出して行ってほしい気もします。自分を曝け出すタイプでは決してないと思うけど、いわゆる「青文字系」的な良さ、すごくある。
夢月
ビジュアルも愛嬌も歌声もましちゃんって名前も全部キャッチーでかわいすぎる!ソロ活動も見たいです。
山崎まどか
デフォルトが笑顔なのがいい。
吉田豪
元SAKA-SAMAのあいうえまし子さんがグループも事務所も辞めてミスiDを受けるという流れはすごい良かったんですけど、審査期間中にAPOKALIPPPS加入が決まり、余計に「ここでなんとかしなければ」感が伝わらなくなった気がします。ブログに「私は普段、あまり思っていることを表に出さないように意識しているのですが、本当は自分にとっても自信があります自信というか自分が好きで自分のことをとても信じています」と書いていたんですけど、そういう部分がもっと見えれば良かったし、いいアイドルだと思うし、彼女が所属していた頃のSAKA-SAMAは本当に最高でした(いまのSAKA-SAMAも別物として最高)。