アメイジング ミスiD2021 / サバイバル賞 / 大森靖子賞

No.16
白群ビャクグン
アイドル,写真,文学,哲学 /
自己紹介PR
7つの時には死のうとしていた。死の捉え方が生まれつき人とは違った。死への憧れと生への期待がぶつかり合って命が燃えた。死の恐怖と生の恐怖で身動きがとれない大人たちから虐められた。 15、16で命をより燃やし、削った。身体は常に重たく微熱があった。夜の街を彷徨い歩いた。先生が捕まった。詩人の彼女には、愛人がいた。高校を辞めた。神経を酷く張りつめさせていた。毎日幻想即興曲を弾いた。小指の力が少しだけ足りないようだった。 17の時地中海に浮かぶ美しい島国で死に近づきすぎて、死ぬことがどうでもよくなった。そしたら生きることもどうでもよくなった。夜明け前、燃え続けてきた命を海に沈めた。その瞬間私は人間を失格した。 島の南側の海に潜り水中から歪む空を見上げた。水面を境に時間の流れまで違っているように思えた。人の家の塀の上で星空を撮った。ふと気がつくと肉体に沢山の傷があった。いつかは治るだろうと思った。楕円形の薬を捨てた。 18。病室の冷蔵庫に観葉植物を入れて遊んでいる。看護師から怒られる。世間話の途中で隣のベッドの女から「世間知らずだねえ」と言われる。確かに私は世間を知らないが世間も私を知らないと思う。 退院後、昔の事を思い出す。あの頃は生きることにも死ぬことにも積極的だったけれど今はそのどちらにも消極的である。私はいま睡眠の他に何をしたいんだろう。ビルの屋上に不法侵入してぼんやりする。たまに雨乞いしてみたりする。私の汚さをエモーショナルだという人間が増えてくる。こっちくんな、と思う。花を育てる。すぐに枯れる。丈夫な種だけがそれなりに育つ。咲いた花はすぐに摘み取って飾る。 久しぶりに病院へ行く。女医さんが、今までよく頑張ったね、もう大丈夫、と言う。 私は何も答えず、白い机の上に置かれた卓上カレンダーを見る。 長い長いため息をつく。そして言う。 「欲しいものが、あるんです」


将来の夢は何ですか?:打ち上げ花火を真横に打ってみたい

あなたの武器(特技、スキル、資格など)は?:作詞作曲ができる。ギターとピアノが弾ける。

いま一番時間を忘れるほど夢中になれることって何?:時間とはなにか考えること

最近起きた悲しい出来事は?:「上っ手ぁ~」をみんな「うっまぁ〜」と読めてる中、1人だけ「ジョウッズァ〜」って読んでた。

あなたの好きな映画は?:ジブリ作品全部

あなたの好きなアーティスト、音楽は?:有機酸・神山羊「ウッドペッカーは夜泣く」「青い棘」/大森靖子「君に届くな」/the pillows「ストレンジ カメレオン」/尾崎豊「ダンスホール」/The Velvet Underground 「Heroin」/The Beatles「Twist And Shout」/椎名林檎「幸福論」/森田童子「さよならぼくのともだち」/戸川純「好き好き大好き」/斉藤和義「君の顔が好きだ」/100回嘔吐「さみしくてしにそうだ」/syudou「ボニータ」/青谷「40歳くらいで死にたい。」/毛皮のマリーズ「ビューティフル」

あなたの好きな本は?:車輪の下・悪童日記・高慢と偏見・ロリータ・眼球譚・美徳のよろめき・人間失格・セブンティーン・ノルウェイの森・限りなく透明に近いブルー・コインロッカーベイビーズ・トパーズ・エクスタシー・何もかも憂鬱な夜に・ジョゼと虎と魚たち(作者略)

ひとつだけ魔法が使えるなら?:綺麗な声が欲しい

あなたにとってのアイドルは誰?:浪木リオちゃん

アフターコロナの世界に期待することは何ですか?:ふわっとみんな幸せになっちゃえ
審査員のコメント
赤澤える
グランプリは彼女かもしれない、と初見で直感的に思いました。それを感じていたのは私だけではないはず。どうしても忘れられない人ってこんな風に現れてしまうんだな、と思って引き込まれたのを鮮明におぼえています。
『白群』とは色名で“やわらかな白と緑を帯びた美しい青”を指すのですが、この美しい色に初めて出会った時に受けた感覚と、画面越しの彼女を目にした時の衝撃は非常に似ています。この、自身の魅力をすべて解っているかのようなネーミングセンスにも心を掴まれました。
本当に実在しているのかすら怪しくも感じられてしまうほどに儚さのある人。彼女の魅力を完全に言語化できる人など現れるでしょうか。
今泉力哉
魅力が言葉にしにくいのですが、とても魅力的でした。
大森靖子
大森靖子です。ミスiD見に行ったところ、もうとてもとても彼女が面白くって。面白いっていうのも、サバイバル賞だと思うんですけど、人生で色々あったから面白いんじゃなくて、サバイバルっていろんな環境に置かれてるだけだとサバイバルにならないと思うんですよ。生きてきてこういうことがあったから、じゃあ今その環境に馴染むように自分を当てはめることとか、諦めることとかもできると思うんですけど、私はこうじゃない、こういうことができる、これが面白いことだ、じゃあこうしてみようっていうのを、色々色々いる場所なりやり方なりを変えて向き合ってきて、そこで考えを深めていくことが、サバイブするってことだと思うんですね。そういった意味で、彼女はとても面白い人だし、聡明な人だし、あと話もやっぱり面白いですし、話の切り口が面白い。で、それはなんかもう生きてきて見てきたものをただ話すだけじゃなくて、自分はこう思うに至ったとか感情の機微ごと面白くてですね、生まれたすべて、見てきたすべてと生まれるすべてがマジでもうクレイジージャーニー並みの、クレイジージャーニーを超えた、もうほんとサバイバル賞どころではない、ほんとにもうなんか彼女の人生はもう作品以上のもの、尊いものだなと思ったので、私はもう絶対自分の名前の賞をなんかこう、ピョーンってするんだったら白群ちゃんがいいなって思いました。この度はおめでとうございます。これからの人生もサバイブしていってください。楽しみにしています、それを見ることを。以上大森靖子でした。(談)
川後陽菜
形容できないが何かいい。紡ぐ言葉全てが良かったです。目が離せなかったです。超サバイバルな人生だけどそれだけじゃない魅力。
菅野結以
わたしにしかわかるわけがない、
誰かにわかられてたまるか、
っていう体験や感覚こそはものを作ったり描いたりする表現欲求の根源だったとわたしは知って生きてきたから、これからあなたのつくるもの、表現することが楽しみで仕方ありません。

最悪だった経験がいつか自分を表すだいじなパーツのひとつに変わったりもするから時間や人生は不思議です。

言葉を操ってるのか操られてるのか、言葉で独自の空気の波をつくり人を飲みこめる人。
小説、読めるのを楽しみにしています。
佐藤ノア
今年のミスidの象徴になるような人だなあと思いました。サバイバルの中で生きてきた、人に期待しないような諦めたような強さを持つ人。
頭の回転もすごく早くて引き出しも多い。
フィクションでもノンフィクションでもどうだってよくて、間違いなく本物だと思います。
She is・竹中万季
オンライン最終面接を見て、ポエトリーリーディングを聞いているみたいで、画面に釘付けになり、涙がこぼれていました。彼女が壮絶な環境のなかで追い求めてきたイノセンスにもっと触れたいと思う。作詞や随筆、小説などさまざまな方法で、白群さんから生まれる言葉に触れられることを楽しみにしています。
SPOTTED PRODUCTIONS・直井卓俊
面談を重ねるごとにある意味突き放してくるのに逆に引っ張り上げたくなっちゃう謎の魅力が溢れていました。面倒くさくて最高でした。
戸田真琴
なにかを作り続けようと生きる人間にとっては白群さんの佇まいと語り口はあまりに魅力的で、すこしでも、生きることと死ぬことをなまめかしく考えたことのある人にとって、あなたはあまりに鮮烈にリアルでした。あなたにしか描けない「死」の質感を表現してゆくとしたら、それがどのような形であっても、かならず芸術たりえるものになるのだと思います。きっとそれを見てしまえる日を私は望んでしまいます。
何をどうすれば、他人が他人の神様になるのかのシステムを知って、それなら仕方ないなと感じたときのあなたの行きすぎたまともさが本当にうれしくて、最終面接では心の中で泣いてしまいました。この世界に、似たような悲しみや憎しみがあふれるなかで、あなたの感情は、あなたにちゃんと基づいてあなたの色や形をしている。そのことが、ほんとうに嬉しかったんです。
根本宗子
一回会って喋ったらもう忘れないですよね。それってすごいこと。
もっと話してみたいし、何を感じている人なのか知りたいなって思いました。
ピエール中野
持ってるエピソードがとんでもない。頭の回転の速さ、言葉の選び方など、ずば抜けて優れていた。
夢月
覚めているかどうか曖昧な、悪い夢の中のようでした。
彼女に起きた現実をこう表現してしまうのは残酷かもしれないけど。
あまりにも非現実的すぎてふわりとしているのに、踏ん張らないとこちらまで引き込まれそうになる。不思議な引力。
吉田豪
自己PRインパクト賞。これ、非公開じゃなくていいんだ! 今年は全応募者のプロフィールをネットで公開することになった結果、他人の目を意識した無難なプロフィールの人が増えたので、「非公開自己PRのスペースも作るべき」とボクが提案したら、そこでとんでもない告白をする人が増えて例年以上にすごいことになってたんですけど、彼女は非公開自己PRもZOOM面接での告白もインパクトありすぎました。 ダブルインパクト(ヘルレイザーズ)!