ミスiD2017 わたしはこの星で生き残る賞

No.54
Shion Asterシオンアスター
1998年10月2日生まれ (23才)
162cm / マルチアーティスト /
自己紹介PR
==
審査員のコメント
青山裕企
まさに「わたしはこの星で生き残る」ために、何でもやってやる!みたいな強い気概を感じます。
そんな気持ちが、外見にも出てきているというか、ミスiDを通して、とても魅力が増したように見えました。
吾妻ひでお
サックスいいね。
安藤美冬
ツイッターでの発信をはじめ、体当たりでぶつかる紫苑さんはとっても素敵でした。
「お金がないので。。」と言いながら、考え抜いてできる精一杯のものを面接でぶつけてくれたのも感動しました。
まさに、この星で生き残る、強くて弱くてしたたかでカワイイ女性の体現者だと思います。
どうか紫苑さんのまっすぐなやる気と情熱が、多くの人の目に止まりますように。
大森靖子
願わくばこの情熱がずっと続いていつか開花しますようにと。若気の至りでしたなんて一生言わずに、同じ熱量で紫苑していてほしいと願います。やろうとすること全部正しいよと言ってあげたくなるんだなー。
岸田メル
とにかくとことん物作りして審査員に見てもらおう、何かを表現しよう、発表しようという姿勢が最高によかったです。根っからのクリエイターだと思います!曲もどれもすごく良かったですし、それ以外の才能も可能性を感じます。Twitterでの世界観も独特だけど目が離せないものがありました。まだ若いので溢れるエネルギーが渋滞してる感がありますが、ゆっくり一歩ずつ才能を磨いていって下さい。
小林司
選考会議やなにかで言うたび失笑されたのだけど僕は、紫苑を「ニューヨーカー」だと思っています。
いまの、2016年の日本に生きてる女子高生ではぜったいにない、のだ。
センスも、方法論も、決して並外れた折れないマインドも、そして方向性のわからないルックスやファッションセンスも。いまの日本にいてなぜそっちの方向にいくのかまるでわからない。そんなある日ニューヨーカーだと思ったらすべて納得できたのです。ほら、ニューヨーカーって、アメリカ人ではもちろんないし、黒人、ヒスパニック、アジアン、なんでもありだし、差別もなにもない、世界のどことも違うそこだけの星の人みたい。だから、紫苑の「2016年の東京の女子高生っぽさ」の無さはまるでそんな感じ。これは全部褒め言葉です。
演技もできる、ビジュアルも作れる、サックスもピアノも弾けてエレクトロもできて作曲もできる。女プリンスのようだ。それになんか無人島でもアートフルに生きていけそうなたくましさがある。全員が死んでもたぶん紫苑は生き残る。「わたしはこの星で生き残る」に決まっている。
佐久間宣行
自分の中に表現したいものがあって、でもそれをまだ完璧にはできない。でもやりたい。そういう衝動のようなものを今回一番感じた人です。もっと上の賞でも良かったと思いますが、今回のミスiDを象徴するという意味での賞なんだと思います。
根本宗子
この賞の名前にぴったりです。ぴったりがあるというのは素晴らしい才能だと思います。
東佳苗
紫苑にはこの賞関係なく個人賞をあげたい…とずっと思ってました。
まだ荒削りだけど確かに見える其の先。
私は音楽に関しては素人だけど、紫苑の音は好きです。コラージュも青いけど確かなセンスがあって好きです。
瞳と声がとても良いなと思うので、女優としての姿も早く見たい。
垢抜けた紫苑はどんな風に化けるかなぁ、紅い口紅と深緑のワンピースとポニーテールが似合う女優さんになるのかなぁ。
此れからずっと見ていたい女の子NO.1です。
山戸結希
氷上に降る雪の中で閃き続ける女の子の役があったら、出演していただきたいです。