ミスiD2021 セミファイナリスト

No.1403
黒井いづみクロイイヅミ
1991年3月5日生まれ (29才)
歌手,アイドル,ダンサー,文学,服飾デザイン /
自己紹介PR
15年くらい短歌を書いています。ものを書くことが好きです。歌ったり踊ったりすることも好き。

大人になってから、よそおうことを好きになりました。きれいな服を着たり、新しいメイクを考えたりすることが楽しい。
誰に何を言われても好きな服を着るし好きな化粧をするぞ! オリャ! と常日頃から公言していたら、ある日友人から「好きな服着るやくざ」と言われました。この称号、気に入っています。

大人になってから、アイドルを好きになりました。
中学生のとき、意地悪をしてくる同級生がだいたいジャニーズのファンだったので、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというやつでジャニーズを苦手としていたのですが、何かの拍子にころっとファンになってしまいました。それからはどんどん心のハードルが下がって、今は男女問わず、国を問わずアイドルが好きです。

やくざと呼ばれていながら弱っちいので、もうすぐ30歳になるのだなあと思ったら「いつまでこの花柄の服を着るのか?」「いつまでアイドルのファンを続けるのか?」と考え込むようになりました。
好きなものを年齢を理由にしてあきらめる必要なんかない、と思いつつ、引け目を覚えてしまうのも予感しています。こう書いている時点で、すでに引け目を覚えているのかもしれない。
悔しいので「なぜ年齢を理由に引け目を感じなければいけないのか」をよくよく考えてやろうじゃないか、と思っています。

ミスiDは前から知っていて、応募を考えたこともあったのですが、尻込みしていました。
今回エントリーに踏み切ったのは「夢見る頃を、過ぎても」というキャッチコピーにぐさっと刺されたからです。
いつまで夢を見るのかは、わたしが考えて、わたしが決めたい。
歌って踊ってものを書いて暮らすこと。
好きな服を着て、好きなメイクをして過ごすこと。
その権利も、その幸福も、誰にも否定させてはやらない。
よろしくお願いします。


将来の夢は何ですか?:歌って踊ってものを書いて暮らす。歌集を出して草野マサムネに帯文を書いてもらう。自分の短歌に合唱曲をつけてもらう。

あなたの武器(特技、スキル、資格など)は?:短歌、歌、合唱、ダンス、髪を自分で切ること、TOEIC900点

いま一番時間を忘れるほど夢中になれることって何?:ダンス。どんな曲でもかけておいたらなんとなく踊れる、踊ってしまう。ワンルーム・ディスコと呼んでいます。

今までの人生でやったいちばん悪いことは?:このオーディションに応募すること。

最近起きた悲しい出来事は?:録音のためにマイクを買ったのに、実はPCにマイクがついていたと後で分かったこと。

あなたの好きな映画は?:『天使にラブ・ソングを…』『マンマ・ミーア!』『メン・イン・ブラック2』

あなたの好きなアーティスト、音楽は?:スピッツ、東京事変、SEVENTEEN、信長貴富

あなたの好きな本は?:『女の子よ銃を取れ』雨宮まみ、『一色一生』志村ふくみ、『スコーレNo.4』宮下奈都、『むかし・あけぼの 小説枕草子』田辺聖子

ひとつだけ魔法が使えるなら?:新型コロナウイルスを抹殺する。

あなたにとってのアイドルは誰?:草野マサムネ

アフターコロナの世界に期待することは何ですか?:出勤や登校が強制されなくなること。