NEW ERA賞

No.2151
ユジャユジャ
歌手,アイドル,映画,K-POP,ラジオパーソナリティー /
自己紹介PR
皆さんはじめまして、ユジャです。就職活動をしながらプロを目指して歌を作っています。
私は今この場で初めて自分の心の性が女性であることを告白します。私はこれまで、持って生まれた声と身体を使って男性を演じながら生き、曲を書いてきました。それが世間に最も求められている形だと割り切っていたからです。
しかし、企業からの不採用通知を家で受け取り続け、世界がいかに自分に興味がないかを思い知ったこの数ヶ月間を経て、私はついに生活そのものが演技であることに耐えられなくなったのです。
私はこれから、生きたいように生き歌いたいことを歌います。皆さん、どうかこんな私を応援してください。よろしくお願いします。


将来の夢は何ですか?:音楽フェス「夏の魔物」出演

あなたの武器(特技、スキル、資格など)は?:作詞作曲

いま一番時間を忘れるほど夢中になれることって何?:映画鑑賞

最近起きた悲しい出来事は?:就活で第一志望に落ちたこと

あなたの好きな映画は?:ダンサー・イン・ザ・ダーク

あなたの好きなアーティスト、音楽は?:Frank Ocean

あなたの好きな本は?:奥山由之さんの「BACON ICE CREAM」

ひとつだけ魔法が使えるなら?:小学生まで時間を戻して心の性別に素直に生きたい。

あなたにとってのアイドルは誰?:井手上漠さん

アフターコロナの世界に期待することは何ですか?:「あなたは素敵な人」だと正直に伝えられる人が増えること。
審査員のコメント
今泉力哉
音楽、とてもよかったです。
最終的にはじぶんで決めるしかないし、 やめるのも続けるのも自分できめるしかないけど、 無責任に言うならつづけてほしい。 一度、やめてみたらわかると思うけど、やりたくなって仕方なくなるんじゃないかな。
She is・竹中万季
声と歌う姿にとても惹かれました。ユジャさんがありたい姿のままあれるような社会であってほしい。生きたいように生きて、歌いたいことを歌い続けてほしいです。
SPOTTED PRODUCTIONS・直井卓俊
ユジャさんが歌ってくれたあの最終選考のほんの数分間は特別な時間でした。きっと同じような気持ちになる人が多いと思います。唯一無二のその魅力でまた心を震わせられたいです。嗚呼。
戸田真琴
社会に出て生きていくということ、ジェンダーと生き方と物づくりのこと、問題はたくさん抱えながら苦しみながら生きているのだとは思いますが、そういうことについての賞を与えたくはないとわがままを言ってしまうほどに、単純にセンスが好きでした。ルックスと音楽はさることながら、選ぶ服、音楽のジャケットデザイン、写真、ウィッグとお顔立ちの組み合わせ方、靴下の色、そういう一つ一つのことがとても完成度が高く、肉体と精神と社会の不一致をまっさらにならすように「自分で選んだもの」のすべてがちゃんと調和している。この人が何かの不一致を感じるとしたら、それは自分自身で選んだわけではない何かのせいだと思います。この人自身の選んだものはすべてが調和している。それはそのまま、ほとんどの人が持っていない種類の希有な才能です。あなたが表現を続けていけるように祈りたい。私自身が音楽関係に携わっているわけではないので具体的にできることがないことがもどかしいですが、これを見ているひと、どうかユジャさんを手助けしてほしいです。
音楽もほんとうに素晴らしく、高校生の頃に聞いていたかった質感。曇り空の東京を歩きながら再生すれば、壊れやすかったあの日の心がもどってくるようで嬉しくて泣いてしまいました。今鬱屈な通学路を歩く高校生のイヤフォンに、あなたの音楽が流れる未来を。どうかきっと。
ピエール中野
楽曲の持つ空気感とアレンジがすごく良い。続けてほしい。
夢月
音楽を作るうえでまとわりついてくる、社会と将来のこと。ミスiDで少しでも晴れればいいなと、歌を聴いて思いました。