ミスiD2022 セミファイナリスト

No.103
白百合シロユリ
被写体,詩人,ライター,編集者 /
自己紹介PR
ただのOLです。

何となく働いて、やりたいことが何かなんて分からないけど、やめる勇気すらなくて、結局だらしなく働いてます。
何者かになれると思っていたのに、蝉の鳴き声を聞いて夏が始まりまったなとか感じて、次の日には蝉の鳴き声が五月蝿いと思うような凡庸な大人になってしまいました。

「エモい」で消費されて、その愚かさを自覚しながら全部夏のせいにするのが正しくて浅ましい夏のはずなのに、夏がバグってしまった。夏を返してください、これじゃあ夏を殺せない。と思っていたら、余りに正しい「夏」が詰まったポスターがあったので、応募しました。
私は夏が大っ嫌いです。一番正しい季節だから大っ嫌い。
今年の夏、私の手で殺そうっと、思ってます。

日本語が好きです。
美しい言葉も、醜悪な言葉も、分からないまま放置された言葉も、全て平等に好きです。
だから、「愛してる」と「貴方、誰?」は私の中で同じ体温を持った生き物として蠢いています。
大量生産大量消費の言葉、インスタントな言葉ではなく、ハンドメイド一点ものの言葉だけが本物でいて欲しい。
どうか人間が、言葉で救われたり、傷付いたり、癒されたり、しますように。言葉が単なる伝達手段で役目を終えて朽ちていくのを見たく無い。言葉には、孤独の底での人工呼吸器の役割を、世界が滅びても、果たしていて欲しい。言葉はどこまでいっても孤独なもので、同じ言葉を使おうと、他の言葉と混じほうと、その孤独の輪郭が淡くなることはない。だから、言葉を孤独のままにしておかなければいけない。孤独から救ったらそれは、言葉ではなく記号になるから、だから私は金魚掬いがとても下手くそ。
安全装置を抜かれた言葉の銃口を私たちは常にこめかみに突きつけられてること、どうか気付かないままでいて。

好きなアイスは雪見だいふくです。
宜しくお願いします。


将来の夢:幸せになりたい

よく言われる第一印象:誰とでも仲良くなれそう

でも本当は?:人との距離の計り方がバグってるだけ

テンションがあがる瞬間:シャッフルで流れてきた音楽がその時の感情とぴったり一致した瞬間

好きなアーティスト、歌手:cinema staff、österreich、indigo la End、Ivy to Fraudulent Game、クリープハイプ、KingGnu 、ポップしなないで、乃木坂46、クリスチャンボルタンスキー、ソフィカル

好きな本、漫画:最果タヒさん、恩田陸さん、伊坂幸太郎さん、森見登美彦さん、米澤穂信さん。漫画はNANA、日常。

好きな映画、アニメ:映画は、LEON、少女邂逅、式日、ラブ&ポップ、女は女である、PiCNiC、K-12、God help the Girl、Baby Driver、リップヴァンウィンクルの花嫁など。アニメは、エヴァンゲリオン、バッカーノ!、ヨルムンガンド

よく見るYouTube:ゲーム実況(ナポリの男たち、蘭たん、towaco)、乃木坂関連

会ってみたい人(有名無名問わず):hacchi(ナポリの男たち)

最近気になるニュース:音楽が、「単なる娯楽」、「あってもなくても日常は変わらないもの」、とされ軽んじられているようなニュース。ライブハウスがどんどん潰れて寂しいです。

常々疑問に思っている常識:「可愛いは正義」と「ありのままの自分が素敵」

時間を忘れるほど没頭できること:好きなものを摂取した後のアウトプット、言葉を吐き出すこと

最近の悩み:孤独死が怖いです

あなたが自分で武器だと思うもの:好きなものや人に誠実であろうとするところ

あなたが自分で弱点だと思うところ:普通に生きて普通に幸せで、全部中途半端なところ

これから始めてみたいこと:言葉を二次元から三次元にするような活動をしたいです。

あなたにとってのアイドル、神様:cinema staff

ミスiDを知った時期ときっかけ:5年前くらいにTwitterで見かけて、アイドルって概念を壊そうとしてるなぁと思いました

好きな、気になるミスiD(いなければなしでもOK):やねちゃん、茉弥ちゃん、ぱやちのちゃん