ミスiD2018 岸田メル賞

No.123
雪下まゆユキシタマユ
1995年12月6日生まれ (22才)
149cm / B78 W62 H85 / イラスト /
自己紹介PR
私は小さい頃から友達を作るのが苦手で、寂しい気持ちになることが多いけれど、絵を描くことが大好きで、今も昔もそれに支えられてきました。

3年前、インターネットに絵を発表するようになってから 全く知らない方々が応援してくれるようになり、少しずつですが仕事も頂けるようになりました。

私はひとりで絵を描き続けてきたけれど、
私の絵を楽しみに見てくれる人達がいるんだ、ということに初めて気がつきました。

私の夢はずっと変わらず、絵で生きていくことです。

外見に自信がなく写真を載せることに躊躇し〆切を過ぎ諦めましたが、延長のツイートを見て勇気を出して応募しました。

私の絵をさらに多くの方々に見ていただけるきっかけになればと思います。



将来の夢:イラストレーター

チャームポイント:緊張しい

最近起きたウレシイ出来事:牡蠣を食べた

最近起きた悲しい出来事:夜更かしができなくなった

好きな映画:ナポレオン・ダイナマイト、俺たちな明日はない、ロスト・ハイウェイ

好きなアーティスト、音楽:oasis、Kendrick Lamar、Death Grips、kohh

好きな本:おやすみプンプン

「これだけは人に負けない!」というもの:映画が好きです

元気アイテム:深夜ラジオ

あなたにとってのアイドル:ジャックニコルソン、伊集院光、爆笑問題
審査員のコメント
大森靖子
絵かけすぎ、画風も確立している、それが本人の雰囲気とも合致したうえで表に出てきてくれること、ありがたさしかありません。
柔らかいちょっと甘えた顔立ちがとてもすきです。服はロックにいきすぎない方がタイプではありました。でもただのタイプなのでそんなのはほっといてください。
菅野結以
彼女が描く人間はいつも何か言いたげで、情緒があり、どこかちゃんと尖っている。絵には人間がでる。いつかうちのブランドとコラボでもしてください。
岸田メル
元々雪下さんのイラストが好きで、1ファンとして活動を追っていたのですが、まさかミスiDにエントリーするとは思いませんでした!
絵と本人の印象がまさにぴったりで、僕のような真逆なタイプからすると非常に羨ましいです。何より作品が本当に素晴らしいですね。写実的だけど、その向こうに女の子の柔らかさや可愛らしさ、格好良さや毒が滲み出てくる絵で、どこにも属さないオリジナリティがありながら、ポップな大衆性もある。ご本人の雰囲気を活かしてばんばんメディアに出て行って、新しいアーティスト像を作っていって欲しいなと思います。
小林司
まつきりな、山口ゆげと並んで、個人的に、「酒を飲んで語りたいミスiD」です。
本人も絵も最高です。映画が好きなイラストレーターでこのルックス。絵にも顔にもファッションにも、ちゃんと中指立ててる感じがあるのが最高に痺れます。ちゃんと毒がある。
にしても、彼女が描く女の子は雪下まゆにそっくりだ。あんまり言うと意識するだろうしふざけんなそうでもねえよと言われそうだけど、彼女が自分を意識化にトレースしながら女の子を書き続けるという行為はとてもスリルがあって面白いと思うのです。商業ベースでどんどん売れっ子になってほしいしなるべきだけど、いつも私小説感があるそのスリルを近くでずっと見ていたいです。
あとほんとにビジュアル好きなので、彼女の絵と世界観と本人のグラビア的なこともやってみたいなあとか、妄想膨らんでしまいます。すみません。
でもとにかく、世に溢れる美少女イラストという雰囲気とは違う、こういうアダルトでチャーミングな絵を描ける人が出てくるのは、ほんとに「待ってました」だと思うのです。とにかく、絵、文句なく好き。彼女みたいな描き手がちゃんと売れる世界であってほしいのでとことん応援します。
佐久間宣行
全方位から言われるでしょうが、イラスト本当に素晴らしかったです。面接中から仕事のオファーが頭をよぎってしまった。選ばれるのではなく、自分で選べるようにすぐなれる方だと思います。
東佳苗
当たり前なんだけど絵が上手い、メルさんも言ってたけど今までのミスiD受けてきた中でも一番絵が上手いです。
そんでまさかの可愛い。私は雪下まゆちゃんがミスiD受ける前から知っていたけど、こんなに可愛い子だとはびっくりしました。