ミスiD2019 ぼく(選考委員)たちの失敗賞

No.2
綾乃あゆみアヤノアユミ
1995年10月19日生まれ (24才)
157cm / 歌手,声優 /
自己紹介PR
はじめまして、相沢あゆみ と言います。

中学生の時からバンドでボーカルをしています。歌うことが大好きです。特技はライブでお客さんをメロメロにすること♡です!

ずっとずっと、2次元が大好きなので、声優としても、アーティストとしても2次元に関わるお仕事をしたいと思っています。

ミスiDを通して、私自身を知ってほしいです。そんな私を見つけてくれた方をメロメロにさせちゃいたいです。それから夢の中でお会いしたいです。そして、出会えた皆様の明日を生きる煌めきになりたいです。

よろしくお願いします。



将来の夢:2次元に関わるお仕事をすること

チャームポイント:白い肌と生え変わらない乳歯

特技:歌うこと、絵を描くこと、磯遊び

最近起きた悲しい出来事:何もないところで転んだ

好きな映画:グランドブタペストホテル、グッバイサマー 、ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち、(500)日のサマー

好きなアーティスト、音楽:水樹奈々、Buono!、アニメソング全般

好きな本:西洋美術の本

「これだけは人に負けない!」というもの:我儘

元気アイテム:サイリウム

落ち着くと思う場所:夏の空気の中

好きな言葉:想像できることは全て現実

あなたにとってのアイドル:水樹奈々さん、嗣永桃子さん、鈴木愛理さん
所属
株式会社 研音
審査員のコメント
大郷剛
オーディションで何十回と聴いてきた、よく歌われるパート・オブ・ユア・ワールド (リトル・マーメイド)ですが、いままでで一番良かったです。
相沢さん、ただかわいいだけでなく透明感、清潔感がありました、話に説得力あるし知的な感じも素敵です。
大森靖子
親の力に頼らず自分の力で生きていこうと思って自己表現をしようとミスiD期間中たくさんの努力と挑戦をしていて、お姫様が下界におりてきた感じだなーと思ってたら、最後にリトルマーメイド歌ってすごい上手だったんですけど「行きたい、人間の世界に」という歌詞でなんてコンセプチュアルなんだ!と感動しました。
ハロプロトークしたいです。
小林司
最終面接で恐るべき隠し球を出した女の子。
それが何かは申し訳ないのですが全面的に言えない。ミスiDが最終面接を映像化や公開をできない理由もそこにあって(非公開ゆえに外には出してない情報をさらけ出したり、いろんな自分をさらけ出してくる)かなり辛いのですが、とにかくそこにはまさに人生がありました。
「よく見て 素敵ね これでもっと完璧 なんでも持ってる 私はすべて」
「ねえこれほしい?20個もあるの だけど何か足りない」
ミスiDで「アリエル」を歌う女の子は過去も何人かいましたが、この歌詞がこんなに心に響くアリエルは初めてでした。
囚われの境遇の女の子が「いつの日か陸の世界の果てまも行きたい 人間の世界へ」。そう、大好きな水樹奈々ばりの声量で歌いきると、期せずして今年の面接一の拍手が起こったのも当然と言えば当然でした。あれでグッと来ないなんて人じゃない。
そして上品なこのお嬢様フェイスの女の子はかなり行動力もあるのです。
声優をちゃんと目指せる念願の事務所にも入ったけど、そこに全部おまかせ、で終わる感じの子では実はないと思うので、自分の足で行動することを辞めないでほしいなと思います。
そして、この最終面接で見せてくれた人生そのものの説得力あるエンターテイメントを、いつか本当にたくさんの観客の前で披露してほしいです。それまでは力を貯めて。
吉田豪
最終審査における彼女の告白が最高で、おそらく今年最大級に審査員をどよめかした人。「このことは表に出したくない」と言ってたから詳しくは触れられないんですけど、これは絶対に表に出したほうがいい話だし、それを踏まえた上だと「水樹奈々ばりに熱唱する美人」ぶりに深みが出てくるんですよね。