ミスiD2020 ファイナリスト

No.147
夢庵ゆめユメアンユメ
1995年1月15日生まれ (24才)
159cm / B84 W63 H89 / アイドル,文学,歌人 /
自己紹介PR
自撮り、カラコン、派手なメイク、脚の出る服で歩く、ピアス6個あいてる、中指立てる、酒、煙草。きっとどれも「教師の自覚がない」って職場で怒られる。でもちゃんと演じるために無理してRayに載ってそうな仕事服買うし、言動だって気をつけてる。
ふと思った。 生徒に「ちゃんとしていて明るくて話しやすい女の先生」という夢を見せてあげるのは、下手したらアイドルなのかもしれないって。そのためならやっぱ私生活隠さなきゃいけないのかな。でもやだな。過去に髪色青かったよ、くらいしかさらけ出せるダメ(って学校の中では思われるよう)なところないけど、それ言うとちょっと驚いたり、ホッとしたような顔する子たちがいた。だからなのかな、そんな私の下らなさみたいなものを期待してる子もいるんじゃないかって思ってしまう。外見やどんなものが好きかなんて仕事を誠実にやっていく上では関係ないって、校則に縛られて死にそうになってる子たちに言えたらいいのに。「先生なんて大嫌い」って気持ちわかるよって、言えたらいいのに。
こんな考えが幼稚だなんて分かりきってる。それでも縛られたくない。自撮りもするし、派手なメイクもやめないし、カラコンもするし、軟骨にピアスあけるし、クソみたいなこと言われたら中指立てるし、これが私だし。三つ子の魂百までだから変えらんないし。小学校1年生のとき担任の先生に呪いの手紙を書いた。その頃から何一つ変わってないね。分かってる。分かってるよ。
いつのまにか私の知らない子が、先生、と言って話しかけてくれる。私は先生になったんじゃなくて、この子達が私を先生にしてくれたんだと思う。彼ら彼女らの命がキラキラと、楽しんで、泣いて、笑って、悩んで、傷ついて、光る、それが泣いちゃうほど好きだった。悪くても不完全でもいい。それが生きてるってことだから。
こんな気持ちを先生という形では伝えられないのが悲しい。辞めなきゃいけないことが悲しい。別の場所から手を伸ばしてあの子たちに届きたい。届くために何ができるかを考えるのが、一生かけての私の仕事だと思う。



将来の夢:教員

特技:歌うこと

最近起きた悲しい出来事:学校の方針で生徒にお別れ言うのを禁止された

好きな映画:愛のむきだし、渇き。

好きなアーティスト、音楽:the cabs、「Story of Hope」、大森靖子さん

好きな本:砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

「これだけは人に負けない!」というもの:生徒への愛

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:短歌の歌集を出す

元気アイテム:東海オンエア

落ち着くと思う場所:トイレの個室

好きな言葉:リア充に文学は生まれない

あなたにとってのアイドル:悲なみちゃん