No.02636
もくもくモクモク
モデル/YouTuber/インフルエンサー/料理/ビューティー(美容)
自己紹介PR
一重であることを気にしていなかったけど、
他人からの「目、可愛くないよね」の何気ない
一言で全ての自信が持てなくなってしまった。
こんな目じゃ可愛くなんてなれないと思いそれから
容姿や見た目を気にして誰かの可愛いの基準に合わせるために必死でした。でも本当の自分で戦わなければ、心にかかった言葉の呪いはこのまま一生解ける事は無く私は消えてしまうと思いゾッとしました。

初めて髪にリボンをつけた時、幼女向けアニメに出てくる最高にかっこ良くて可愛い女の子を見たとき、大好きなアイスクリームを食べている時、初めて自分のことが少しだけ好きになれた時。
例え他の誰かに馬鹿にされても、
そのドキドキ、キラキラした素直な感情は
どうしても捨てたくないと思いました。

これは、わがままな私が勝手に世界に向けて
女の子は人類は最高に愛しくて可愛いんだと言うことを人生で表現したくてここに来ました。
何卒よろしくお願いします。


将来の夢は何ですか?:地元の観光大使になる

あなたの武器(特技、スキル、資格など)は?:一重を活かしたアイメイク、料理(調理師免許取得済み)

いま一番時間を忘れるほど夢中になれることって何?:なりたい自分を研究している時間

今までの人生でやったいちばん悪いことは?:朝から大量のフライドポテトを揚げて食べた時。

最近起きた悲しい出来事は?:お気に入りの綺麗なガラスのカップを割ってしまった事。

あなたの好きな映画は?:プリティー・ウーマン

あなたの好きなアーティスト、音楽は?:パスピエ、赤い公園

あなたの好きな本は?:kemioさんの ウチら棺桶まで永遠のランウェイ

ひとつだけ魔法が使えるなら?:深爪してしまった爪を綺麗に戻す

あなたにとってのアイドルは誰?:望月みゆさん、夢眠ねむさん

アフターコロナの世界に期待することは何ですか?:いちばん好きなワンピースを着てお出かけをする事。